« ほしかったゲーム | トップページ | 壊れてしもうた »

2008年8月31日 (日)

崖の上のポニョ

やっと宮崎駿の崖の上のポニョを見てきました。思ったより子供も少なく興行成績よい割には全席自由でした。
さてこの「崖の上のポニョ」ですが、正直ハウルの動く城よりは、いいけど個人的にはイマイチでした。
前半の海の中の映像は細部まで描かれていて、ただただ凄いと思った。この映画の1番の見所の嵐の中の波上をポニュが走る映像はただただ凄くって、あれだけ長いシーンでも車の映像とうまく合わせてるせいか、全然飽きる事なくお見事でした。このへんの映像を見てると、宮崎駿が如何に凄い映像作家かよくわかる。ああゆう発想は普通の人ではなかなか出てこないと思う。
しかし前半の動的な映像から後半は急に静の映像ばかりになって、びっくりするくらいテンポは遅くなってしまうのが残念。千と千尋の神隠しも途中までは、本当にただただ度肝を抜かれる映像と、ストーリー展開なのに、結末に持って行くのが急ぎすぎたのか、とても退屈な終わり方になってしまってるのが残念だったけど、それでもやはり千と千尋の神隠しはよかった。
過去の宮崎駿の映画って、大人も子供も楽しめるような映画だったけど、この映画は子供向けかな。劇場内に子供がたくさんいたけど、騒ぐ事もなくみんな静かに見ていたのも、子供には十二分に楽しめるできになってると思う。
良かったのは、藤村だけ。よくやった藤村。ただ、藤村に一つ聞きたい事がある。ちみ、ツボからへんな黄色い液体を井戸に入れたあと、あの狭い建物のどこにいたねん。映像には映ってなかったけどポニョとすれ違わなかったけ?

あと1つ気になったのがエンドロールが流れいた時に映っていた映像を見てると、あの山の上の家が売り家になっていたような気がしたんだけど・・・。それはもしかしポニョが原因?なんでなんだ?

080831

« ほしかったゲーム | トップページ | 壊れてしもうた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/42345044

この記事へのトラックバック一覧です: 崖の上のポニョ:

« ほしかったゲーム | トップページ | 壊れてしもうた »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31