« お見舞い | トップページ | 午前様 »

2008年5月26日 (月)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

監督 吉田大八
製作総指揮 −
原作 本谷有希子
音楽 鈴木惣一朗
脚本 吉田大八
主演 佐藤江梨子 佐津川愛美 永作博美

ここ最近見た日本映画でよくできてるなと思ったのは月並みだけど「ALWAYS 三丁目の夕日」だけど、久しぶりに凄い日本映画を見た。予告編を見たときから気になっていたけど、正直、予告編を見た時に期待したけどそれ以上に面白い映画。
この映画、冒頭からとんでもない映画とわかる。佐藤江梨子以外はどこにでもいるような人達だけど、どこか変わってるけど、変わってない。ごくごく普通の家庭のような気もする。ストーリーは全く先が読めないし、見事に見る側を裏切ってくれる。キャスティングもいい。佐藤江梨子は、もしかしてこれが地でいってるのかと思えるくらいだし、永作博美のノーメイクで演じてるのも田舎の人と言う感じがする。もちろん、この映画を面白くしてるのは、佐藤江梨子なんだけど、永作博美の役と演技が1つ大きくこの映画を面白くしていると思う。一見普通に見えるけど、結婚して1度も旦那とエッチはしてないし、へんな置物を作って可愛いと言うあたりも。こうゆうところ吉田大八の演出がいいんでしょうか、この映画に出ている個々の性格などまでうまく出してると思う。

吉田大八監督はこれから楽しみ。

080526

« お見舞い | トップページ | 午前様 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/41360778

この記事へのトラックバック一覧です: 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ:

« お見舞い | トップページ | 午前様 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31