« 生誕125周年記念 マリー・ローランサン展 | トップページ | 藤田美術館 »

2008年4月12日 (土)

蕎麦:まき埜

大阪の蕎麦屋さんを調べていたら、最初に出て来たのがまき埜と言うお蕎麦屋さんでした。なんでもすだち蕎麦が有名らしい。とても高級そうな店構えのお店で、夜19時頃行ったら、まっている人がいてたけど、1人だったせいもあってカウンター席に案内してくれた。お店はかなり忙しいそうで、なかなか注文をとりにきてくれなく、ちょっと感じが悪いかなと思ったけど、会計の時などはとても親切に接してくれた。
すだち蕎麦を頼まず、セイロを頼んでみた。麺は少しかためで翁系の麺と同じで個人的にはちょっとだけ固いかな。あとで知ったのですが、ここの主人は西天満のなにわ翁で修行された方だそうです。それでも北海道ではなかなか食べれない蕎麦であるのは間違いないです。タレは薮系のタレに比べると少し甘めですが、濃い口のタレはどこか尖ってる事もなくとても美味しい。蕎麦とタレの相性はかなりよいです。
そば湯は、かなりドロドロしていて甘酒のようです。残りのタレと一緒に飲むとこれが、とても相性よく美味しい。そば湯だけ飲むと、上質のまんじゅうの外側と飲んでる?ような感じで、そんな凄い美味しいと言う感じはしなかったけど、タレと飲むと凄い美味しいのには驚いた。

まき埜(まきの)
大阪市福島区福島6-11-13 シャトー西梅田 1F
06-6453-2828
11:30~14:00 18:00~21:30
水曜日


Dsc06329Dsc06331

« 生誕125周年記念 マリー・ローランサン展 | トップページ | 藤田美術館 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/40907064

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦:まき埜:

« 生誕125周年記念 マリー・ローランサン展 | トップページ | 藤田美術館 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31