« ボード:国際スキー場 | トップページ | 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に »

2008年1月 7日 (月)

夫婦で挑んだ白夜の大岩壁

夫婦で挑んだ白夜の大岩壁
2008年1月7日(月)NHK

世界最強のクライマーの山野井泰史氏のグリーンランドのビックウォールの登攀の記録番組。ギャチュンカンに登攀に挑戦する前に撮影した情熱大陸を見てからファンになりました。この時の情熱大陸の奥多摩から電車に乗るシーンで終わったんですけど、この時の山野井氏の目が子供のように輝いていたのを忘れられない。そのギャチュンカンで雪崩にあって生還。このあと、たまたま札幌でも講演会があって聞きに行ったんですけど、恐ろしいくらいに冷静に判断して生還した事を語っていた。目が見えなくなって、手袋を脱いでクラックを探すのにまず1番必要のない指を考えて左手の小指から1本ずつ使っていたと言う話。助けも来ないような場所で自力で1人で生還するのも想像絶するくらい大変な中、奥さんも救って帰ってきたと言う凄い話。この講演会で、奥さんはダメだと思って最後になるかと思って撮ったと言う写真も見せてくれたけど、この話を聞いただけでも凄い冷静だったのがわかる。
このテレビ番組、たしか12月にBSで2時間くらいの番組で放映されたはず。それを半分くらいにして「NHKスペシャル」で放映。もちろん山野井氏は凄いけど、やはり奥さんも凄い。あれだけしか指が無くても、ああして登っていく姿は感動する。と言うか、2人の愛情が感動しました。奥さんがギャチュンカンも登頂できなかった言って、登頂の時のトップを奥さんにしたり、けして簡単なとこばかりトップにするのではなく、奥さんも世界を代表するトップクライマーとして難所をトップにしたり。けして、指がないからとか関係なく登頂するのは、凄いの一言。
山野井氏のほんと凄いと思うのは、日本の登山の世界って、8000メートル以上の山を登った人が偉いと言うか、そんな感じがあるがあるけど、そんな事関係なくって、とにかく登りたい難易度の高い山にアルパインスタイルで登るというのが凄いの一言。

« ボード:国際スキー場 | トップページ | 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/17623384

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦で挑んだ白夜の大岩壁:

« ボード:国際スキー場 | トップページ | 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31