« 謹賀新年 | トップページ | 新世紀エヴァンゲリオン(テレビ版) »

2008年1月 1日 (火)

バード

バード
監督 クリント・イーストウッド
製作総指揮 デヴィッド・ヴァルデス
音楽 レニー・ニーハウス
脚本 ジョエル・オリアンスキー
フォレスト・ウィッテカー ダイアン・ヴェノーラ

2008年、最初に見ようと思っていた映画。昨年末から、ちょっとジャズをまた聞き始めていたし、ジャズの映画と言えば「ラウンドミッドナイト」は見たけど、この「バード」を見てなかった。
この「バード」はチャリーパーカーが世間に認められていて、チャンとの交流の話が中心に死ぬまで描かれているんだけど、時間軸がかなりめちゃくちゃで、過去に突然戻ったりするんで考えながら見ないとならない。それがまた1つ1つのエピソードをうまく繋がっていないんで、よくわからない。クリント・イーストウッドにとってとても大好きなチャリーパーカーを映画化したんでしょうけど、2時間半以上も使ってながらこの映画の出来は本当によくない。この映画、意味不明な会話が多々あるので、ジャズの専門知識が必要なのかもしれない。とにかく、チャリーパーカーの何を映像化したかったのがわかんない。実際ドラッグ漬けだったと言うけど、映画ではそんな感じしないし、ボロボロだった感じもしないし、世の中でそんな評価されていたって感じもうけない。このへんはバドパウエルをモデルにした「ラウンドミッドナイト」も同じなんだけど・・・。
期待しすぎたぶん、ちょっと残念。少なくてもクリントイーストウッドらしくないかな。

« 謹賀新年 | トップページ | 新世紀エヴァンゲリオン(テレビ版) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/17775140

この記事へのトラックバック一覧です: バード:

« 謹賀新年 | トップページ | 新世紀エヴァンゲリオン(テレビ版) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31