« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月27日 (火)

燃えよ剣

久しぶりに司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んだ。これで5回目くらい読んでけどこの小説は面白い。結末は解っているのに、土方歳三と言う人間を見事に見せてくれる。自分の信念を貫き、幕府軍として最後の最後まで戦う姿は美しい。子供の頃、戊辰戦争で土方歳三と言う新撰組の副長が函館で死んだと言う話を聞いて、凄い衝撃を受けた。京都で新撰組として人殺しの集団みたいなとこにいて、なんで函館で死んだの?って。
この小説はもちろんかなり脚色されているけど、明治政府を作り上げた名前がでてくる。もちろん、板垣退助とか黒田清隆もそうだんだけど、東郷平八郎あたりがでてくると、時代が変わる時ってこうゆう人が出てくるんだと思った。そう考えてくると池田屋で殺された志士って、大物の中の大物ばかりだったみたいだから、この池田屋の件が無かったら、時代はどんなふうに変わっていったんだろう。司馬遼太郎は、この池田屋があった事によって、明治維新は早くなったと言っている。あの時代、これだけの人間が殺されてながらも、1つの国を変えるような大物がこれだけいたと思うと・・・。
この小説の最後に、中島三郎助と言う人物がでてくる。なんでも浦賀の与力だった人で、幕末、浦賀にペリーがきた時に最初にあった日本人の1人で函館戦争で千代ヶ岡台場で最後まで官軍と戦って亡くなったそうです。榎本武揚が降伏すると言う噂を聞いたと言って五稜郭に戻ってきて、榎本武揚かと思ったら土方だったと話だった。中島三郎助と言う人物、長崎の海軍伝習所の第一期の伝修生として行っている。その同期にあの勝海舟がいて、榎本武揚が1期後輩。この人も、土方歳三と同じく崩れゆく徳川と一緒に最後の最後まで新政府には仕えることなく武士として戦いたかったんでしょう。

最後に土方が函館奪還に向かうところに、司馬遼太郎は
「ただ一騎、歳三だけがゆく。悠々と硝煙のなかを進んでいる。」それを諸隊が追おうとしたが、官軍の壁に押しまくられて一歩も進めない。
と・・・。

この小説を読むとやはり函館に行きたくなる。五稜郭から函館中心街に向かうまっすぐな道のどこかで土方歳三は亡くなっているのは間違いないらしい。1度、五稜郭から歩いてみたいと思う。


071126

2007年11月26日 (月)

NHKスペシャル にっぽん家族の肖像

にっぽん家族の肖像
第六集「僕の家族~里親・里子の12年」

久しぶりにNHKスペシャルを見た。数年前に「水」に関するNHKスペシャルを見てあまりにもレベルが低く同じことを何度も説明するだけで中身のない番組でそれから、あまり見なくなってしまった。

昨日、冒頭から何気に見たら、もう涙無くしては見れない番組だった。施設で働いていた早知子さんが、知的な障害がある広志くんを里子として12年暮らしていると言う話でした。血の繋がってない子供を里子にもらうのも大変だと思うけど、知的障害がある子供を育てて、そして結婚して旦那さんもその子供を実の子供のように育てたと言う話は、こんな時代にこんな家族があるんだと涙が出てきた。なにより、広志くんの目の美しさには、本当に純粋に生きて来たんだなと思った。21歳になって、今からでも産んでと言う広志くんの母親に対する気持。こんなに強い絆な繋がっている家族ってあるんだなと思った。
最後のコスモスの中を広志があのキラキラした目で母親を写真にとったりして、2人で歩くシーンはただただ涙があふれてきた。

2007年11月25日 (日)

まつじん(松尾ジンギスカン)

取引先の人と、晩ご飯を食べることになって、4丁目のあたりをぷらぷらしていたら、ジンギスカンのいい匂いがすると言うので、新しくできた「まつじん」に行ってみた。それにしても、松尾ジンギスカンなんて何年ぶりなんだろうと言うくらい食べてない。どうも、チェーン店と言う感じがして足が遠のいていた。
ここのお店、とてもジンギスカン屋と言う感じじゃなくって、とても奇麗。お店を入ると、匂いのつきたくない上着などをロッカーに入れさせてくれる。まあ、食べると中の服は匂いが多少なりともつくけど、ちょっと親切なサービス。
食べ放題にはせずに、特上ラムジンギスカンとラムジンギスカンを頼む。最初にラムジンギスカンを食べると、子供の頃に食べた松尾ジンギスカンのまま。なんかうれしくなった。けど、子供の頃に比べて、なんか「松尾」と言う味を確立したと言うか、なんか完成されてるって感じがした。これが「松尾の味」と言うような。もちろん、特上の方が美味しくって、これも完成されてる松尾の味でした。

まつじん(松尾ジンギスカン)
札幌市中央区南1条西4丁目16-1 南館ビル1階
011-219-2989
年中無休 ※12/31~ 1/2を除く
Dsc00653

2007年11月24日 (土)

WINTER SPORTS FESTA 7

会社の人と行ってきた。それにしても、携帯で登録しないとならないので、入場するが面倒くさい。結局1人が登録したら4人まで大丈夫と言うことで、後輩に頼んで入場。
色んなメーカーとかショップが一同に展示即売してるかと思ったら、違った。バートンなどの板は平行輸入品だけど、ここの主催している方で保証してくれるとのことで30%OFF。まあ、平行輸入品ならこんなもんでしょうけど、主催者で保証してくれるなら、それはありがたい。今シーズンのスーパーモデルやカスタムなどあって、そこそこ品物は揃っている感じがしたけど、とにかく見づらかったな。どこまでがバートンでどこがサロモンなのか・・・。結局、何も買わず後輩のウェアと小物を見立てて終了。


Dsc00412

2007年11月17日 (土)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

監督 松岡錠司
製作総指揮 −
原作 リリー・フランキー
音楽 上田禎
脚本 松尾スズキ
主演 オダギリジョー 樹木希林 内田也哉子 松たか子

リリーフランキーの「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を見た。2時間ドラマと連続ドラマとこの映画と3つの「東京タワー」を見た。こうゆう原作がよくできている原作を映画化するのはとても難しいんだろうなと思った。2時間ドラマはただのマザコンのようなドラマになってしまっていたし、連続ドラマはコメディだった。この映画は、正直とても丁寧に作られていて再現セットもとてもよくできていたけど、映画としてはかなりイマイチ。個人によってこの原作の1つ1つエピソードを感じ取れるものが違うだろうけど、この原作の中にあるよさとか面白さとかを映像化できないでいた気がする。これなら、ありきたりの話になってしまっているのが残念。この映画の母親が子供に対する愛情、子供が親に対する愛情と言うのが描かれていないのが残念。最後に、ミズエが葬式の時にボクに母親がミズエに話をした事で説明しようとしたような感じがするけど、ここをちゃんと見せてほしかった。なんか、この原作のとても重要な他人の子供じゃないか?とか卒業証書がオカンの宝物だとわかるとことか、オトンとオカンとボクの3人でそれぞれの想いで東京タワーを見るシーンが無いのはとても残念。

そうそう、この映画のオープニングの東京タワーを空撮している映像はとてもよかった。なんだろう、東京と言うところに、色んな思い出があるからかも知れないけど、このシーンだけでもなんか泣けてしまった。
この本、まだ持ってるのかな・・・。

071118jpg

2007年11月15日 (木)

前立腺その後

先々月、4週間分の薬をもらってその後、仕事が忙しくって病院にいけなかった。その間に、原因不明の湿疹が二の腕に出たり、腰回りと下半身が何故か過敏になり、精神的にかなりまいっていて総合病院にいく覚悟を決めていたけど、それまたなかなか行けず、結局行きつけの泌尿器科に行ってきた。尿は奇麗だし問題ないので、このまま経過を見る事に。ちょっと不安なので、へんな病気じゃないか聞いてみると、そうなるとだいたい尿が汚れてくるから問題ないですよの事。ちょっと安心したせいか、少し楽。

2007年11月11日 (日)

ラウンド1

預けてあるコインが百枚くらいあったはずなので、久しぶりにラウンド1に行ってきた。最初、スロットでちょっと増やして大型のコインゲームをしたら。閉店30分前にジャックポットが連ちゃんして800枚強のコインがザクザク。結局、800枚くらいのコインが出た。
ちなみに、途中でやめたスロットも連ちゃんしていた(涙)。

Dsc00413

2007年11月10日 (土)

パセオにミッキーマウス

パセオの水の広場にミッキーとミニーちゃんがきていた。しかも、整理券を配布していてミッキーやミニーと一緒に写真が撮れるという話。ディズニーランドに行っても、ミッキーの家に行かないとまずミッキーと触れ合う事なんかできないのに、なんと言う贅沢。しかも、写真だけでなく、ミッキーやミニーちゃんとハグもできてしまう。それにしても、このミッキーとミニーちゃんは、びっくりするくらいサービスしてくれて驚きでした。ハグもしてくれるし、子供に対してもとても優しく接していた。なにより、今回のオリエンタルランドからきたスタッフの人の対応もとてもいいし、接してる時間が長い人にも注意もなく、とても感じがよい。素晴らしき哉、ミッキーマウス。


Dsc00417

2007年11月 5日 (月)

マジック ブルース・スプリングスティーン

大好きなブルース・スプリングスティーンの新譜がしかも全米1になったそうで、さっそく買いに行った。しかもアルバムでfeaturing Eストリート・バンドになっている。やっぱり、ブルース・スプリングスティーンのバックはEストリート・バンドの音を聞いていると80年代を思い出すな。こうして、変わらないようで、変わっているブルース・スプリングスティーンは何とも言えずかっこいい!なんか、ボーンインザUSAほどのアルバムほどじゃないけど、これはこれで久しぶりにブルース・スプリングスティーンらしいアルバムでかなり完成度が高く仕上がってる気がする。
ああ〜〜日本にきてほしいな。

ちょっと、ネットでブルース・スプリングスティーンのライブの曲目を出ているHPを発見したら、アンコールで必ずといっていいほど歌っている曲のなかでAmerican Landと言う曲を聞いた事がない。売っていたら買ってこよう!

Sicp1570

2007年11月 4日 (日)

美術手帖 「鳥獣人物戯画絵巻」

今、東京のサントリー美術館で「鳥獣人物戯画絵巻」の全巻展示をしてる事もあって、今月の美術手帳が「鳥獣人物戯画絵巻」を特集していたので買ってきた。10数年前に1度だけ甲巻の本物を見たけどそんなに見入る事もなかった。それに、いつでも見れると思った事もあって、流してみたらそれから1度も見る事ができず(涙)。
手塚治がある番組で「漫画なんて鳥獣人物戯画絵巻で全部やってしまってる」ような事を言って絶賛していた。こうして、甲巻を最初から最後まで見ると、これは面白い!この「鳥獣人物戯画絵巻」枕詞もなく、どうも一部切断されて話の辻褄が合わないとこもあるけど、それがまた色んな想像ができて面白い。だいたい、甲巻のはじまりに兎が鼻をつまんでダイビングしてたり、それを岩陰で兎と猿が2匹で何を見てるのやら。狐のしっぽが燃えてるし、カエルと兎が相撲をとって、カエルが勝ち誇って口からなんか出してる横で兎が腹をかかえて笑ってる。もうこの絵巻最高。それに、この線のタッチば抜群にうまい。この絵巻が愛されるのがよくわかる。
あ〜〜サントリー美術館に見に行きたい・・・。


071104

2007年11月 3日 (土)

グッド・シェパード

監督 ロバート・デ・ニーロ
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ 、デヴィッド・ロビンソン 、ガイ・マケルウェイン 、クリス・ブリガム 、ハワード・カプラン
音楽 ブルース・フォウラー 、マーセロ・ザーヴォス
脚本 エリック・ロス
出演 マット・デイモン アンジェリーナ・ジョリー アレック・ボールドウィン

10年くらい前からデニーロはCIAの関する映画をつくろうと思ってたらしいけど、エリックロスの脚本に弾かれて創立当時の映画をつくる事になったらしい。それにしても、この映画脚本が見事。ここ数年見た映画では問題なく1番でした。ビッグス湾事件を軸にCIAの諜報部員が翻弄されていく姿を見事に映像化していたと思う。もちろん、ストーリーもさる事ながら、映像も脚本もかなりいいえです。そして、デニーロによる演出も見事。ただ、話が複雑な話になっいて登場人物が異常に多いので、ちょっと混乱してくるけど、これだけ多いのに、個性的な俳優を使っているのと演出と構成のよさのせいか、比較的わかりやすい。ただ、やはりこの手の映画は少し予習が必要。大まかなストーリーかCIAについて勉強していくとこの映画をもっと楽しめる気がする。
どこまでが、現実でどこまでが物語なのか不明ですが、今でもこのビッグス湾事件やCIA創立当時の人間が生きていると思うのに、こんな映画を作っても大丈夫なのかと思った。アメリカではCIAやFBIがどんな仕事をしてるかは承知の通りなんでしょうけど、やはりこうしてビッグス湾事件など国家を転覆させようとした事件をこうして映画で見てみると、アメリカと言う国の怖さを見せられた気がする。
それにしても、この映画、かなり細部まで見ている者を混乱させてくれる。誰が信用できて誰が信用できないのか。冒頭で子供がお金を崩してもらうシーンなんか最後のスミソニアン博物館(たぶん)でお金を渡すシーンに繋がってくると思うし。自分の子供でも誰も信じられなくなるのは、非情な世界。けど、現実なんだろう。
そうそう、この映画の大きな欠点の1つに主役級の登場人物が見た感じ老け込んでいかなかったので、時間の経緯が少々わかりずらかったのがちょっと残念。

なんとか、この映画を3時間弱にまとめた感じがあるけど、かなり削ったと思う。もう少しわかりやすくして、ディレクターズカット版が見たいとこ。やはり、もう1度見たい映画かな。小説も出ているようなので、読んでみようと思う。

Goodshepherd

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31