« 水越武写真展 大地への想い | トップページ | Oscar Peterson & Dizzy Gillespie »

2007年10月 1日 (月)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
製作年度 2007年
製作国・地域 日本
上映時間 98分
監督 摩砂雪 、鶴巻和哉
原作 庵野秀明
脚本 庵野秀明
音楽 鷺巣詩郎
出演 緒方恵美 、林原めぐみ 、三石琴乃 、山口由里子

映画の日だってので、エヴァンゲリオンを見てきました。社会現象までになったエヴァンゲリオンですが、テレビ放映の時は1話も見た事なかったので、レンタルで借りてきて数話見ました。数話しか見てないですけど、よく描いているなと思った。少なくても、この映画の声優を見るだけでも、このアニメが声優と言う今まであまり評価されなかったとこや、オタクと呼ばれる新しい文化を生んだでしょう。それだけでも、この映画はガンダムなどに並ぶアニメだと思う。
さて、映画ですが、テレビアニメを見た人も楽しめると言う事あって、自分が借りてみた話を完全にだぶっていても十分に楽しめる事ができた。戦闘シーンなどもかなり力を入れて描いたと言うだけあって、戦闘シーンや背景のクォリティの高さはジャパニメーションの最高峰である事は間違いないでしょう。現在の日本のアニメでセル画を使っているのは、サザエさんくらいで、どこまでをCGと言うかわからないけど、とにかく、細部までかなりこだわって描いているし、人物の個性も見事に描いてるのは、日本のアニメの凄いとこだし庵野秀明の凄いとこだと思う。最近のハリウッド映画には、個々の個性まで描ききれる監督はほんと少ないと思う。これだけの話を1時間30分にまとめきって「序」として完結してるのは見事だと思う。ただ、個人的にはやはり主役の男の子に感情移入ができなかったのがちょっと残念かな。どうしてそこまで葛藤するのかちょっと演出が弱かった気がする。
こうゆういい作品を見るとガンダムを見たくなる。

091001

« 水越武写真展 大地への想い | トップページ | Oscar Peterson & Dizzy Gillespie »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/16637790

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序:

« 水越武写真展 大地への想い | トップページ | Oscar Peterson & Dizzy Gillespie »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31