« フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 | トップページ | セザンヌ 4つの魅力 »

2007年10月17日 (水)

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ

国立新美術館の中にあるブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ。建築家の黒川紀章氏が円錐を好んで取り入れたと言う事で、その逆円錐の3階にあるミシュランの三ツ星のポール・ボキューズ氏の世界で初めて出店したのが、「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」。美術館内にあると言う事もあって、おフランス料理だけどランチは気軽に入る事のできる。11時30分頃行ったら、お金持ちそうのマダムだらけで長蛇の列になっていた。数十分待つと突然列が動き出したと思ったら、整理券を配り始め、1時間後にと言う事になったので先に美術館を見る事に。それにしても、こうゆうサービスはいいですね。企画展の他に公募展とかもあるので、時間つぶしができる。
ランチのコースはたしか2種類あったけど、安い方は本日終了していたので、高い方を頼む事に。基本的に前菜、メインディシュ、デザートとどれも3種類くらいあって選べるのはうれしい。その中にちょっと金額をアップするメニューもあった。さすがにチョイスできるから、待っている間隣のマダムの食べてるものが気になってしまふ。それにしても、どれも美味しかったです。さすが三ツ星です。

ここのスタッフの方、近寄らず遠からずでとても距離感がよかったです。細かい事にも親切にしてくれるし。ただ、最後に飲み物を追加で頼んだら、かなり待ちました。混んでいる事もあるんでしょうけど、飲み物は先に注文したほうがいいようです。

フランス料理なんて生まれてこのから両手くらいしか食べた事ないんですけど、ここのフランス料理は本当美味しかったです。ポール・ボキューズ氏の繊細な味と色彩を味わう事ができました。

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
国立新美術館内3階
ランチ 11:00~14:30(L.O.)  ティータイム 15:00~17:00(16:30 L.O.)
ディナー 18:00~22:00(20:30 L.O.
03-5770-8161

Dsc00329Dsc00338Dsc00339Dsc00342

« フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 | トップページ | セザンヌ 4つの魅力 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/17223175

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ:

« フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 | トップページ | セザンヌ 4つの魅力 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31