« サン=テグジュペリの星の王子さま展 | トップページ | 生誕100年記念 ダリ展―創造する多面体― »

2007年8月15日 (水)

シリアナ

原題 SYRIANA
製作年度 2005年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 128分
監督 スティーヴン・ギャガン
製作総指揮 ジョージ・クルーニー 、ベン・コスグローヴ 、ジェフ・スコール 、スティーヴン・ソダーバーグ
原作 ロバート・ベア
脚本 スティーヴン・ギャガン
音楽 アレクサンドル・デプラ
出演 ジョージ・クルーニー 、マット・デイモン 、アマンダ・ピート

以前から見たいと思っていた映画。けど、かなり重そうなので、暇な時と思って(いやいつも暇なんだけど)、やっと見ました。
まず、この映画。脚本が「トラフィック」でアカデミー脚本賞を受賞してるだけあって、かなり骨太なんだけど、登場人物の多さと顔に強い個性がないので、主役級の数名しか追っかける事ができない(笑)。これは、たぶん監督の力量なのかな・・・。「トラィック」は、ソダーバーグじゃなかったきっともっと難解になっていただろうし。たぶん、2回見ればよく理解できるんだろうと思うけど、もう少し1回で理解できるような映画にしてほしかったかな。

それにしてもCIAのジョージクルーニももう少し仕事を説明してくんないと、どこまでどの仕事なのかよくわからん。わかるのは、マットデイモンだけ(笑)。アラブの方はわかるんだけど、他のアメリカ人が弁護士以外よくわからん。ちょっと出てきてはなんかしゃべる。
けど、現実の世界では、1つ何かが起きると何か繋がっていて、また何かが起きる。そして、その影には大きな力が加わっているのかも知れないのね。それが、日本でも同じ事。
この前のラプターのアメリカの輸出禁止の話と、防衛庁の情報の漏洩とか色々絡み合ってるのかもと思うと、そうゆう1つ1つのニュースを読み解く力を持っていかないと、真実は見えてこないのね。

070815

« サン=テグジュペリの星の王子さま展 | トップページ | 生誕100年記念 ダリ展―創造する多面体― »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/16133126

この記事へのトラックバック一覧です: シリアナ:

« サン=テグジュペリの星の王子さま展 | トップページ | 生誕100年記念 ダリ展―創造する多面体― »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31