« 銀のエンゼル | トップページ | モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 »

2007年6月22日 (金)

モルヒネ (文庫)

モルヒネ
安達 千夏
文庫: 255ページ
出版社: 祥伝社 (2006/07)
ISBN-10: 439633298X
ISBN-13: 978-4396332983

文庫の帯に「うずくまって泣きました」 とかいてあったので思いきって買ってみました。
正直、この小説の始まり方はかなり強烈だったので、どんなに凄い話になるのだろうと思ったけど、何も泣けなかったし何も共感できなかった。真紀の行動もヒデの考えている事も、何か感情移入ができなかった。。自分の読解力のかいせいかも知れないけど、結局ヒデは真紀に何をしてほしかったのかもよくわからずだし、真紀もヒデに何をしてほしかったのもわからなかった。
あと、この人の本を読んだ事がなかったせいもあって、安達千夏の文体に最後まで慣れなかったのが辛かった。すばる文学賞を受賞してるだけあって会話を文章に混ぜたり、時間軸を交差したり面白い手法なんだけど、小説ではちょっとつらかった。

070622pg

« 銀のエンゼル | トップページ | モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/15584212

この記事へのトラックバック一覧です: モルヒネ (文庫) :

« 銀のエンゼル | トップページ | モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31