« あんざい小児科 | トップページ | 華麗な一族 »

2007年2月 3日 (土)

不都合な真実

製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 96分
監督 デイヴィス・グッゲンハイム
製作総指揮 デイヴィス・グッゲンハイム 、ジェフ・スコール
音楽 マイケル・ブルック
出演 アル・ゴア

「地球の裏切りか? 人類が地球を裏切ったのか?」
現大統領のジョージブッシュと僅差で負けたアルゴアの地球温暖化についての映画。こうゆう映画を見てしまうと、反対意見を持つ方の話も聞いてみたくなってしまう。「華氏911」もそう。この映画を見てしまうとあの時にアルゴアが大統領になっていたらテロもなくイラク戦争も無く今とは違うアメリカになっていたのではと思ってしまう。京都議定書にアメリカが賛同しなかった以上、この議定書に半分の力しかないのは間違いない。
もちろんこの映画に反論する人もいるだろうし、見方の違う人もいると思う。温暖化してるところもあれば寒冷化してるところもあるだろうし、干ばつになってるところもあれば水害にあってるとこもある。少なくても、この映画がアメリカで大きな話題になったのはよい事じゃないかなと思う。
映画として見ていてもこの映画ははっきり言って退屈しない。アルゴアのユーモアに溢れた話しぶり、元副大統領だった事もあってスライドなどで見せる資料はかなり確証性があるでしょうし、現政権には関係がないと言うところで、すごい説得力がある。

少なくてもCO2は問題ある事には間違いない。

070203

« あんざい小児科 | トップページ | 華麗な一族 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/13796481

この記事へのトラックバック一覧です: 不都合な真実:

« あんざい小児科 | トップページ | 華麗な一族 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31