« DEATH NOTE デスノート 前編 | トップページ | ルスツ »

2007年2月23日 (金)

ウルトラバイオレット

製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 87分
監督 カート・ウィマー
製作総指揮 スー・ジェット 、チャールズ・ワン 、トニー・マーク
脚本 カート・ウィマー
音楽 クラウス・バデルト
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 、キャメロン・ブライト 、ニック・チンランド

会社の昼休みに3回くらいにわけてみたせいか、話がよくわかりませんでした。あの子供がどうゆう意味があるのかよくわからない・・・。これって、超B級映画になるのかな?とにかく話の内容は全く意味がなくって、アクションの見せ場だけというか。けど、なかなか見ごたえあるんだけど、もう少しなんかほしかった気がする。
そうそう、この映画のちゃんばらシーンが日本の時代劇と違って刀に重さがある。どうも日本の殺陣って刀が軽いせいか、すごいちゃちいんだよね。少なくても鉄の固まりなんだから、そこそこの重さがあるんだから、それがどうしても日本の映画にはないんだけど、この映画は重さがある感じがするので、殺陣のシーンもなかなか見応えがあった。
あともう少し、この時代の世界観とかほかの人間など描いてくれたらもう少し深みのある映画になった気がするな。まあ、この手の映画にそこを求めるのは間違ってるんでしょうけど、アクションが思った以上によかったんで、もったいない気が・・・。

Ultraviolet

« DEATH NOTE デスノート 前編 | トップページ | ルスツ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/14020252

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラバイオレット:

« DEATH NOTE デスノート 前編 | トップページ | ルスツ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31