« スープカレーばぐばぐ | トップページ | 本:週刊司馬遼太郎1 »

2006年12月19日 (火)

本:週刊司馬遼太郎

週刊司馬遼太郎土方歳三血風録/永遠の竜馬/信長のみち/「功名が辻」の世界 (単行本)
なんて言う本が出ていたので、買ってみた。読みたかったのは土方歳三のところなんだけど、何人かの人が「燃えよ剣」を読んで土方歳三に対して書いている。この本は、土方歳三が日野でどのような人だったとか日野ではどのような人と交流があったかも書かれているので、とても興味深い。
中学校の授業で新撰組副長の土方歳三が五稜郭で死んだと言う話は、子供ながらすごい衝撃的だった。なんで、京都にいて新撰組の副長までいった人が函館で亡くなったの?って思っていた。しかし「燃えよ剣」を読んだのは30歳の頃。こんな面白い小説はないと言うくらいのめり込んでいた。ある人はかなり、作られた話だと言うけど、それでもこの土方歳三はかっこいいの一言に限る。

402274510x01_aa240_sclzzzzzzz_v36687767_

« スープカレーばぐばぐ | トップページ | 本:週刊司馬遼太郎1 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646709

この記事へのトラックバック一覧です: 本:週刊司馬遼太郎:

« スープカレーばぐばぐ | トップページ | 本:週刊司馬遼太郎1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31