« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

ブログ終了

前から考えていたんだけど、ここのブログを辞めようと思う。ここに書いてある事は、、前の彼女の事との思い出ばかり。それを含めて今の自分なんだけど、楽しかった事、辛かった事を含めていっぱい思い出す。
彼女と付き合い始めて、ブログを書いて今読み直してみると、どれだけ素敵な彼女だったかもわかる。ボンジョビのライブ、ストーンズのライブ、クラプトンのライブ、東京に行った事、函館行った事、色んな事。
1つの区切りとしてここで終わり。

2007年新しい年に向けて。

2006年12月26日 (火)

取引先と忘年会

昨日は取引先の人を忘年会。もう10年以上の付き合いだけど、忘年会をするのは初めて。まあ、あまり堅苦しいのもイヤだったので、割り勘で考えていた。お店は、函館に本店がる「開陽亭」。数年前に函館に行ったときに、イカの刺身が名物で食べに行きたかったんだけど、お休みだった。そのお店が札幌にあるの知らなかった。
時間通りに行ったら、誰もきてなかったので、メニューを見ていたら、カニが小さいけど1300円くらいだった。しかも、むいてあっても、そのままでも値段が同じ。
恋愛話だの、寂しがりやだとか、結婚生活とか、くだらない話をを3時間くらいして、「ラストオーダーです」と言われてから、仕事の話は15分くらい。あまり気を使わない人ばかりなんで楽しかった。途中でお腹が痛くなってしまって、1次会で終了。できればもう1件くらい行きたかった。
結局、ごちそうになってしまった。

302117718_154

302723293_229

取引先と忘年会

昨日は取引先の人を忘年会。もう10年以上の付き合いだけど、忘年会をするのは初めて。まあ、あまり堅苦しいのもイヤだったので、割り勘で考えていた。お店は、函館に本店がある「開陽亭」。数年前に函館に行ったときに、イカの刺身が名物で食べに行きたかったんだけど、お休みだった。そのお店が札幌にあるの知らなかった。
時間通りに行ったら、誰もきてなかったので、メニューを見ていたら、毛ガニが小さいけど1300円くらいだった。しかも、むいてあっても、そのままでも値段が同じ。イカの姿もりが名物らしく頼んでみると、さすがに生きがいいので美味しい。刺身で余ったものを焼いてくれたりする。これまた美味しい。
恋愛話だの、寂しがりやだとか、結婚生活とか、くだらない話をを3時間くらいして、「ラストオーダーです」と言われてから、仕事の話は15分くらい。あまり気を使わない人ばかりなんで楽しかった。途中でお腹が痛くなってしまって、1次会で終了。できればもう1件くらい行きたかった。
結局、ごちそうになってしまった。

2006年12月24日 (日)

クリスマスイブ

朝起きてなにげに外を見ると、すごい雪。去年のクスマスイブは前の彼女の引っ越しだった事を思い出した。すごい大雪の日で、引っ越し屋が遅れて荷物を運び終わったのが、たしか9時過ぎだったはず。そのあとの記憶が全くない。この日、色んな事を決めたはずなんだけど・・・。考えてみると、この日から色々な事があって大変だったな。それも過去のお話。
そんな中、昨日友達からメールがきて、区役所に行って婚姻届けを出してきたとメールがきた。1度、結婚してやるか?と言ってくれた女友達。自分が困った時に親身になって話を聞いてくれた人。遊べる人がいなくなるは寂しいけど、こうして幸せになってくれるのは、ほんとうれしい。
思いがけないクリスマスプレゼントもあって、とてもうれしかった。

288698804_124

2006年12月23日 (土)

ボード:スクール

今シーズン初のスクール。生徒さんは1名と言う事で、私が担当。午前中だけだったけど、かなりへこたれてしまったです。ここ2週間滑ってないせいか、前日の寝不足のせいか、かなり参ってしまった。
午前中のスクールが終わって久しぶりに横○ちゃんに会ったので、お昼食べながら色々お話をしてすごい楽しかった。そのあと、イントラ3人で滑ったけど、かなり斜面がボコボコになっていたんで数本で切り上げ。
スクールが終わって、校長の忘れ物を届けに行ったら、今年からスクールに復活してくれるA級イントラの人がいて3人で1時間くらいスクールの事、恋愛の事、映画の事など色々話しをした。帰りにクリスマスプレゼントを頂いてしまった。うれしかった!

300166271_91

2006年12月22日 (金)

接待

今日は、取引先の接待でした。ボードスクールの打ち合わせがちょっと長引いてしまって、ギリギリになってしまった。1次会のキリンビール園で、ジンギスカンとお寿司とカニの食べ放題のコース。社員の中に1人だけいるのがとても居づらかったけど、だんだん打ち解けてきて、カニの話から戦争の話まで色々な話ができた。明日、ボードスクールだから早々に逃げようと思ったけど、こうゆう時ってかえれないのね。ボーリングをしょうとなって、須貝に行くも1時間半待ちと言う事で、あきらめてゲーセンに。ここの社員の人がガンダムのすごいゲーム機があるから、してみたいと言うので、行ったけどこれまた30分待ち。そんで車のゲームとかして、バッティングセンターに行く事になった。ここもかなり混んでいたけど、15分くらい待ったらできたけど、この時点でかなりふらふら(笑)。それからボーリング行く事になって、観覧車のあるビルへ。そしたら、社長が観覧車に乗ると言い出して4人で観覧車。かなり怖いです(笑)。そんで、ボーリング。なんか異常に調子よくって、1ゲーム目185、2ゲーム目160。みんなテンション下がってしまった。帰りにおそばを食べて帰宅。かえってきたら、2時半だった。

Nec_0153

Nec_0186

2006年12月21日 (木)

バーミヤンでお食事

今日、友達をバーミヤンでご飯を食べてきた。初めてバーミヤンに行ったんだけど、かなり値段安くって、そこそこ美味しかった。2000円もあれば2人でお腹いっぱいになるし。
そんで、ここ数ヶ月あったお互いの近況なんぞ話をして、ボードのグラトリなどを話した。結婚を考えて付き合ったいた人がいたけど、だめだってわかったけど、そのまま付き合っていようかどうか悩んでいると言う話。コメントらしいコメントもできなかった。自分の事は話できるけど、相手の事は聞いてあげる事しかできなかった。

2006年12月20日 (水)

映画:千年女優

製作年度 2001年
上映時間 87分
監督 今敏
声の出演 折笠富美子 小山茉美 荘司美代子

数年前まで売っていた「プリミア」という雑誌で、この映画絶賛されていた。時間があったら見に行こうと思っていたんだけど、札幌の上映はあっという間で終わってしまったんで、見過ごしてしまった。先日「パプリカ」を見て、今敏の仕事がすごいので、これは見なくてはと思ってレンタルしてきた。
この作品は、藤原千代子という女優を三流のプロダクションの社長とカメラマンを軸に映画と人生を回想していくという話なんだけど、この映画の脚本がすばらしい。日本のアニメーションでもここまでシナリオが完成されてる作品は数少ないと思う。最後のセリフはお見事としか言いようがない。けど、人間ってそんなもんかもと思ったりする。一生懸命やっている自分はやっぱり魅力的だと思う。
この映画のロケットに乗ってるときの藤原千代子のなんともいえない幸せそうな表情はとても印象に残る。この映画のすべてがあのシーンに凝縮されてると思う。
「パプリカ」と同じで、映像は手抜きがなくとても丁寧につくられている。人が柵を越えた積もっていた雪が落ちたり、浮世絵の中を千代子が馬に乗ってるシーンなどとなかく細かい。たぶん、この映画このまま実写に(できる部分)できると思うくらい構図なども計算してるんじゃないかと思う。かなりカメラの事を意識したんじゃないかな?
とにかく、難解な映画だけどお見事。

★★★★☆

2006年12月19日 (火)

本:週刊司馬遼太郎1

週刊司馬遼太郎土方歳三血風録/永遠の竜馬/信長のみち/「功名が辻」の世界 (単行本)
なんて言う本が出ていたので、買ってみた。読みたかったのは土方歳三のところなんだけど、何人かの人が「燃えよ剣」を読んで土方歳三に対して書いている。この本は、土方歳三が日野でどのような人だったとか日野ではどのような人と交流があったかも書かれているので、とても興味深い。
中学校の授業で新撰組副長の土方歳三が五稜郭で死んだと言う話は、子供ながらすごい衝撃的だった。なんで、京都にいて新撰組の副長までいった人が函館で亡くなったの?って思っていた。しかし「燃えよ剣」を読んだのは30歳の頃。こんな面白い小説はないと言うくらいのめり込んでいた。ある人はかなり、作られた話だと言うけど、それでもこの土方歳三はかっこいいの一言に限る。

本:週刊司馬遼太郎

週刊司馬遼太郎土方歳三血風録/永遠の竜馬/信長のみち/「功名が辻」の世界 (単行本)
なんて言う本が出ていたので、買ってみた。読みたかったのは土方歳三のところなんだけど、何人かの人が「燃えよ剣」を読んで土方歳三に対して書いている。この本は、土方歳三が日野でどのような人だったとか日野ではどのような人と交流があったかも書かれているので、とても興味深い。
中学校の授業で新撰組副長の土方歳三が五稜郭で死んだと言う話は、子供ながらすごい衝撃的だった。なんで、京都にいて新撰組の副長までいった人が函館で亡くなったの?って思っていた。しかし「燃えよ剣」を読んだのは30歳の頃。こんな面白い小説はないと言うくらいのめり込んでいた。ある人はかなり、作られた話だと言うけど、それでもこの土方歳三はかっこいいの一言に限る。

402274510x01_aa240_sclzzzzzzz_v36687767_

2006年12月18日 (月)

スープカレーばぐばぐ

スープカレーばぐばぐ
札幌市中央区南1条西15丁目 サエラ115ビル1階
011-614-1617

友達の家に物を届けに行ったついでにご飯を食べようと言う話になって、医大近くにあったスープカレー屋さんが休みだったんで、探していたらあったんで寄ってみた。つい半年くらい前にはなかったような気がする。なんか店構えがチェーン店のような感じだったんで、味はどうなのかな?って思った。調べてみると、ススキノにあるお店が本店でこちらが支店になるらしい。
チキンカレーを注文してみた。土鍋にグツグツと煮だっているスープカレーこんなの初めて。中にチクワが入っていて、これがとても自己主張している。好き嫌い別れるとこかな?自分は、なんか面白いと思う。スープの味は、普通かな。ただ、チキンが少し固いのがちょっと気になった。煮過ぎなのか、意図的なのか鶏肉がかなり固くなっていた。
スープカレーの種類が角煮など色々あるし、美術館の近くなのでまた食べにきたい。

Dsc04548

Dsc04547

2006年12月17日 (日)

肉のマルタ ジンギスカン

市電の南21条電停のすぐ前にあって、20年以上営業している売ってる肉屋さん。子供の頃から、ジンギスカンを食べるとなると、ここまで買いにきていたくらい大好きなお店。親戚のお土産にもここのジンギスカンを買ってもっていく。味付けしか買った事ないんだけど、子供の頃から変わらない味。こうして何十年も味が変わる事なく売ってるのはとてもうれしい。ジンギスカンは3種類。あとホルモン。ほかにもお肉あるみたいだけど、ジンギスカンしか買った事ない。
そんで、久しぶりに、ジンギスカンが食べたくなって、買いに行った。ここの変わらないジンギスカンを食べると、子供の頃、家族みんなでジンギスカンを食べた楽しかった事を思い出してくる。
ここのおじさんとても親切で、3種類あるお肉の事の事とか色々教えてくれるし、とても感じがいいです。大好きなお店。

肉のマルタ
011-511-2109
北海道札幌市中央区南22条西9丁目1-1

Dsc04549

2006年12月16日 (土)

映画:パプリカ

製作年度 2006年
上映時間 90分
監督 今敏
声の出演 林原めぐみ 古谷徹 江守徹 、

久しぶりにアニメを見てきました。日本で押井守、大友克彦など5本の指に入るであろう、今敏監督の「パプリカ」。正直、今敏監督の作品は「パーフェクトブルー」しか見ていない。「東京ゴッドファーザーズ」、それと大絶賛された「 千年女優」も見ていない。
予告を見るとかなり難解な話だと思ったけど、想像していたほどじゃなかった。原作は、きっと難解だと思うけど、脚本の段階でかなりわかりやすくしたんじゃないかと思う。
ブリキのおもちゃや人形などが街の中を歩き回るシーンやパプリカが孫悟空のかっこうで飛びまわりシーンは、すごい爽快感。圧倒的な映像とテクノ調の音楽が見事にはまっていて、「イノセンス」のようなCGの派手さがないぶん、どこまでがアニメーションと思えるような映像。
これだけの映像をものすごく緻密に一切の手抜きがないくすごい丁寧に作られてる。

★★★★☆
Papurika

2006年12月15日 (金)

映画:えびボクサー

製作年度 2002年
監督 マーク・ロック
出演 ケヴィン・マクナリー ペリー・フィッツパトリック ルイーズ・マーデンボロー

前から気になっていた「えびボクサー」後押ししてくれる人がいたのでレンタルしてきた。これこそ、超B級映画。エビに見えなくっても全然いいの、このばかばかしさが好き。昔、「大災難」とか良質のB級映画が結構あったけど、この映画発想がお見事。映画の題名を見事に裏切らない映画。こうゆバカバカしい話だけど、ほんとに一生懸命製作しているのがわかる。ほとんどインディーズ。それでも、ちゃんと最後ほろりとしてしまう。それにしても、あのコンドーム工場とか、バンに積んであるコンドームの意味のない事もまたいい。あれはもしかして、キラーコンドームを意識していたのかな? 
してやられました。言葉が通じなくても、動物って心が通じるのに人間ってなかなか通じない。
この映画を見ると「スクールオブロック」なんか超A級映画に見えてしまう。

Ebijpg

2006年12月14日 (木)

コンサドーレ札幌

正直、このコンサドーレの名前の由来を聞いてフリーズしてしまってから、コンサドーレは好きになれない。それでも、好きだった人がコンサドーレ熱烈なサポータだった事もあってせいか、どうしても北海道新聞のHPで毎日のようにチェックしてしまう(笑)。フッキが残留絶望的とか、柳下監督が辞める事など・・・。
ほんとにJ1にあがる気あるなら、柳下体制でいてほしいと思う。コンサドーレのトップって、せっかくいい選手がいても、それを放出してお金にしてしまう。これじゃ、チームは育つ訳ないし、サポータも見放してしまうと思う。柳下監督じゃなかったら、たぶんあのチームだと6位も無理だったはず。どうして、最初の年、最下位でも柳下監督を使ったんだから、当初の5年は我慢できないものなのと思う。今シーズンはじめに、J1に上がらなければ辞めると言ってる時点でもう今シーズンで辞めるつもりでいたんだろうな・・・。運営が優先なのかJ1昇格が優先なのか?よくわからないチームになってる。

2006年12月13日 (水)

映画:皇帝ペンギン

製作年度 2005年
上映時間 86分
監督 リュック・ジャケ
声の出演 ロマーヌ・ボーランジェ シャルル・ベルリングジュール・シトリュク

上映当時かなり話題になった「皇帝ペンギン」。皇帝ペンギンが子供を産むために長い道のりを歩いて子供を産んで、1人で巣立つまでの1年間の話。
正直、始まってフランス語で語りだしたとこで見る気を失せてしまいました。ペンギンの気持ちなどは言葉にしてしまうと、すごい安っぽく感じてしまう。見ていれば、状況はわかるんだから、何日間かけて歩いたとかナレーションでよかった気がする。「WATARIDORI」のようにすれば違った気がする。
ただのペンギン映画なんだけど、見事にフランス映画になってるのは面白いんだけどね。
それと、かなり極寒の中撮影してると思うんだけど、子供が生まれてしまってから退屈。もう少しペンギンの生態を見せてほしかった。それにもっとペンギンの面白い動きとか見せてほしかったかな。

★★☆☆☆

Koutei

2006年12月12日 (火)

見たい展覧会

今、東京国立近代美術館で「揺らぐ近代 日本画と洋画のはざまに」と言うのがやっている。子供の頃に、美術の教科書などで、江戸後期から明治の始めの東洋と西洋の混じったような作品を描いている絵を見てびっくりした。そんな作品がいっぱい展示されている。しかも狩野芳崖の「悲母観音」から高橋由一の「花魁」に岡田三郎助の「あやめの衣」まできている。この中の1点でも札幌でやってほしいもんです。お金があれば行きたいけど、できれば3月か4月に「靉光展」行きたいから我慢かな。

1250jpg

2006年12月11日 (月)

久しぶりにパチンコ

そんで、もってnapsterをセットアップしに行こう思ってもう1人の友達に声をかけてみたら、パチンコ屋にいると言うので、ちょっと寄ってみた。まだ少しやってるようなので、久しぶりにパチンコをする事に。けど、現金で18000円しか持ってないので、ほんと時間つぶし。友達に何が出てると聞いたら「海」と言うので、新しい海をやってみた。そしたら、この海じゃなくって壁側にあるへんな海だと言うので、3000円くらい打って台の移動をしようと思ったら、2500円で、絵柄が動いてカメが揃って5連ちゃん。そのあと単発とか引いて6箱くらいになった。考えてみると、魚群をみてない。ノーマルで揃ったり、走ったり、マリンちゃんで揃ったり魚群をみてない。こうなると、無性に魚群がみたくなる。2箱のませて魚群出るも、外れる(笑)。その後、壁にある怪しい「海」やって1回揃うけど下皿いっぱいにしかならないへんな海。それやめて、レレレのおじさん。平台。やっぱりイライラする(笑)。
結局、閉店までいる事になってしまい、友達のとこにいけず、リトルスプーンでご飯食べてきたく。

290091128_152

2006年12月10日 (日)

携帯で音楽

家でぼーっとしていたら、友達から電話がかかてきて、携帯を変えてnapsterを使いたくって14日間のトライアルができるアカウントをもらってきたので、みてほしいと言うので、暇だったんで行ってみた。しかし、普段使っているパソコンのOSはwindows meでnapsterが対応していなくて、携帯で音楽が聞けるにはどうしたらいいと言うので、マニュアルをみたら、これまたwindows meではだめのよう。よく見たら、横に自作パソコンがあるので、それを繋げてみたらXPだったんで、大丈夫だと思って色々やっていたら、なんか挙動がおかしい。起動時にへんなダイアログはでるし、もうかなりへんになってる模様。面倒なんで、出直す事に。

2006年12月 9日 (土)

ボード:国際スキー場

札幌国際
はれ
バートンカスタム62(2005-06モデル) P1(21-0) ION
09:00-13:00(滑走時間)
一緒に行った人(大○さん、松○くん)
会った人(大○さん、鶴○さん)

たぶん年内のフリー滑走は最後。メンテに出してあった板ができあがったので、前日にワックスを入れて使ってみた。ただダリングするを忘れてしまったんで、どうなる事かと思ったけど、さすがにエッジがたってるんで、フロントサイドでエッジが抜ける感じもしないし、かなり雪に食い込む感じもいい。ただ、この前まで使用していた金具が硬かったせいもあって、P1の柔らかさに少々なれるまで時間がかかった。それにしても、昨年のバートンのカスタムはほんといい。雪に吸い付くように走ってくれるし、板が長いせいもあって、エッジが抜ける感じもしない。
そんな感じで、滑っていたら会社の後輩がフロントサイドがうまくいかないと言うので、ちょっと教えてあげる。荷重のタイミングとターン後半のボードの向きが悪いようなので、そのへんを意識してもらう。それにしても、ちょっとのアドバイスでどんどんうまくなっていく。
そのあと、2級を受けたいと言う知り合いの滑りをみる事に。昨シーズン、スクールに入ってきた人で、かなり期待したんだけど、昨シーズンより滑りが悪くなっている。基本姿勢からヘンになっているので、ここから初めて荷重などを話したけど、短時間でなおりそうもないので終了。

それにしても、この日、スキーの無料レッスンなどがあったせいですごい人だった。子供を連れてきた親が4人用のテーブルを1人で占拠していたり荷物だけ置きっぱなしにして休憩する場所もなかった。修学旅行なども入っていたせか、ほんとに座るとこもない状態。

287846674_165

2006年12月 8日 (金)

木村伊兵衛

ここ数年東京の美術館にいくと写真をよく目にする事がある。日本の写真家で土門拳と木村伊兵衛の2人は代表する写真家である事は間違いない。けど、子供の頃から木村伊兵衛の写真がわからなかった。土門拳は写真にすごみがあるのでなんとなくは理解できた。けど、ここ数年色んな物を見ていて木村伊兵衛が撮ろうとしてのは「時間」なんだろうなと思った。秋田の写真なんか見るとそんな気がする。
そんな木村伊兵衛賞を受賞した星野道夫の写真展が札幌大丸で開催される。不慮の事故でなくなった星野道夫の写真を生で見るのは初めて。写真も考えるじゃなくって感じれば見えてくるのかも。

2006年12月 7日 (木)

やっとメンテ終わりましたか

ココログは、よくメンテやってる。しかも長いよ。この2日間全く書き込みできなかったし。まあ、あとでアップしてもいいんだけど、なんかな〜。
その点、ミクシィはサービスがだんだんよくなってきてる。

2006年12月 4日 (月)

インテルマック

5年使っていた会社のパソコンがやっと入れ替えになって、新しいマックになった。OSXになってから、処理能力がめちゃ落ちて、虹色のカーソルがくるくる回ることが多くなってきて、どうにか使っていたので、この早さはただただ驚き。起動も早いし、キーボードの打ち込みの遅れもなく、とてもスムーズ。しかし、インテルマックになったので、PowerPCで動いていたクラシック環境が使えない。そんなんで、高価なソフトが使えないのがつらい。当分、バージョンアップもしてくれないだろうし、当分の間は2台使って仕事かな。
そういえば、インテルマックなのに、インテル入ってるよシールがついてない(笑)。

280880551_89

2006年12月 3日 (日)

ライブ:ビリージョエル

札幌ドーム

なんとか、友達がいけるようになったので行ってきました。クラプトンは前から2列目だったけど、ビリージョエルはアリーナ席の後ろから5列目と言う過去に行った外タレでは最悪の席。
数日前、友達が行けなくなるかも知れないと言うので、ネットで売ろうかと思ったら、オークションでも札幌公演が出ていなかったのでもしや、ほぼ満席?かと思ったらけど、やはりスタジアム席は空席が。客層は、若いカップルから、年寄りまでかなり幅広い。ビリージョエルの息の長さなんでしょうね。
ほぼ時間通りに始まり、歌いだす。ビリーザベストを聞いていた頃と変わらない歌声でなんか、うれしかった。前半から、かなり代表作を歌ってくれ、ベストを聞いているかのよう。それにしても、ビリージョエルがノリノリで、途中でファイターズのキャップをかぶって歌ったり、マイクスタンドをグルグルまわしたり、ステージか降りてみたりとても観客を盛り上げるのもうまい。自分のまわり、かなり席が悪いにもかかわらず、熱烈なファンがいっぱいいて、すごい盛り上がり(笑)。それにしても、あの圧倒的な存在感はさすがと思った。アンコールのラストはピアノマン。もちろん、演出なんだろうけど、あのハーモニカを聞くと泣けてきてしまった。
とてもよいライブでした。また、札幌に来たら絶対に見に行きます。けど、ビリージョエルはクラブで聞いてみたいもんです。

283369618_86

2006年12月 2日 (土)

ボードスクールの打ち合わせ

夕方から、ボードスクールの打ち合わせがあった。今シーズンのスクールの運営について校長とスキー場から話があって、その後意見交換をした。半年ぶりに会う人もいて、なんか懐かしかった。みんな色々話しかけてきてくれて、ほんとうれしかった。
打ち合わせが終わって、数人でご飯を食べにいったら、イントラ検定の話になって、1人のイントラが自分の悪いところがわかったと言う話をしてきて、夏の間に色々考えて自分で問題点を見つけてそれを雪上で試してほしいと思う。他人から聞いて滑っていてもうまくはならないと思う。いっぱい失敗して、なんでうまく滑れないのか?と考えて滑ってくれるとうれしい。B級受けた時は、スクール終わってからゲレンデ終わるまで1人でもくもくと練習していたし。目標を持ってがんばってほしいもんです。

2006年12月 1日 (金)

おでん屋さんに

先日、ちょっと知り合いになった人とおでんを食べに行く事になった。うちの親父がおでん屋さんだった事もあって、ちゃんとしたお店でおでんを食べるのは初めて。話によると、京都風の味付けらしく、薄味でとてもいい味が出ている。だいこんも、ちゃんと中まで柔らかく、豆腐も味がしみ込んでいて美味しかった。小さい頃、よくおでん屋さんの下ごしらえの大変さを聞いていた。宴会の手伝いに行って、皿を並べていて並べ方が悪いと怒鳴られて「手伝わなくていい帰れ」と言われた事や、ゆで卵を茹でた鍋のお湯を捨てるときに捨て方が悪いとお客の前にで怒られた事もあった事を思い出した。1人でお店をもつと言う事の大変さ、厳しさを思った。
そんな事を主だしながら色々話をした。自分の、どうにもならない美術館好きな事や、子供の頃の話、家の事など色々話をした。気がついたら、4時間も同じお店にいた。こんなにいっぱい話をしたのは何年ぶりだろうって言うくらい話をした。ただ、すごい緊張していたようで、3時間くらいしてひどい肩が凝ってきて、座ってるのがつらくなってきた。美味しい食べ物と、楽しい話。何ヶ月ぶりだろう・・・。
あまり楽しかったので、友達がビリージョエルのライブに行けそうになくなってきたので、もし行けなくなったら、付き合ってと頼んでみた。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31