« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

赤血球が多い

この数年間、赤血球の数が多くて健康診断で貧血でひっかかる。これってたぶん、赤血球の数が範囲外は全部、貧血になるんだと思うんだけど、自分は多い。ここ毎年、引っかかるんで、去年病院に行ったら気にするほどの事でないと言われたんで、安心していたらここ数ヶ月で異常な数値になってきてしまった(笑)。そんで、ネットで調べてみると、なんと「多血症(赤血球が増加する病気です。赤ら顔や目の結膜の充血を認めます。赤血球が多いと血流が悪くなるため、脳や心臓の血管がつまる血栓症に注意が必要です。多血症の原因は様々なため、病院での検査が必要です)」との事。たしかに、ここ半年目の角膜に充血が数回あったりした。原因は、ストレス・タバコの吸い過ぎらしい。タバコ吸わないから、もしかしてストレスなのかな?

280806158_210

2006年11月29日 (水)

ビリージョエルのチケット

ビリージョエルのチケットも彼女と行こうと思って買っておいた。けど、もう一緒に行けないので、仲のよい友達と行こうと思ったら、仕事で行けなくなった。オークションで売る程いい席でもないし、金権ショップで今更売りに行っても買ってくれそうにないし・・・。
なんか、クラプトンのライブに行った時に、色々思い出してしまった。ボンジョビのライブに行った時に彼女が「リッチ〜」って叫んでいたのを思い出してしまって涙が出てきてしまった。もう、ボンジョビのライブには行けないな・・・。クラプトンでさえ、思い出してしまうし。ライブでリッチーサンボラが歌った「I'll Be There For You」を聞くと涙が出てきちゃう。
チケットどうしよう・・・。

2006年11月28日 (火)

S.E.N.S.のライブ

昨日、友達のとこに行ってご飯を食べながらテレビを見ていたら、札幌でS.E.N.S.のライブがあるのね。S.E.N.S.の音楽ってなんか透明感があって好き。1度行ってみたいけど、1人で行くのいやだしな。また次回にしよう。また2枚買っておいて行く数日前に行けなくなったりするの勘弁。

Sense20061122

2006年11月26日 (日)

ライブ:エリッククラプトン

11月26日
札幌ドーム
WILLIE WEEKS(BASS)
STEVE JORDAN(DRUMS)
CHRIS STAINTON(KEYBOARDS)
DEREK TRUCKS(GUITAR)
DOYLE BRAMHALL II(GUITAR)
TIM CARMON(KEYBOARDS)

別れた彼女と行くつもりで買っておいたエリッククラプトンとビリージョエルのチケット。この数年、札幌ドームにきたクラプトン、ボンジョビ、ストーンズは彼女と行ってた。かすかな希望の中で一緒に行けるかと思って買っておいたんだけど・・・。無駄になってしまうんで友達の子供を誘って行く事に。
3時過ぎに待ち合わせして、ご飯を食べてドームに行く。やはりと言うか、スタジアム席は殆ど埋まってない。たぶん、1万5000人も入ってないんじゃないかと言う感じ。それにしてもストーンズに比べると、何もお金のかかってないステージ(笑)。
席がなんとA8でステージのほぼ真ん前でしかも前から2列目だったのには驚き。
開演は予定の17時をちょっとすぎただけで時間通りに始まった。しかし、なんと回りの人が全然立つ事もなく座ったまま。さすがに前から2列だったんで、立つと迷惑かと思って仕方なく座って聞く事に。それしても、クラプトンが乗ってない。音はまとまってるんだけど、やっつけ仕事?なんだろう?まだ前回の方がよかったような気がする。それでも、クラプトンより他のメンバーのギターソロの方が目立ってしまっているし。ステージ横にあるスクリーンなんか見なくてもはっきりと指の動きまで見える。
それしても、数年前にソニーロリンズのラストコンサートにきたスティーヴ・ジョーダンが今回は、クラプトンのメンバー。やはり、このドラマーは世界で3本の指に入ると思う。ソニーロリンズの時のスローな叩き方と違って、今回はドカドカ叩いてるんだけど、手前で叩いたり奥の方で叩いたりと計算されてるんでしょう。
あと、デレク・トラックス。こいつ過ごすぎる。あとで調べてみると、若干27歳で、クラプトンの強い希望で今回のツアーに参加したらしい。現代のギタリストではたぶん10本の指に入るでしょう。とりあえず、CDを買う。
全体的に少し事務的な演奏って感じもしたけど、ギター3本使って音がバラバラにはならないし、個々が自己主張してないし、さすがです。それでも、今回のツアーこれだけのメンバーで来日してるだけでも見応えはある。デレク・トラックスがあまりにもすばらしくって、クラプトンが少し陰が薄かった。最後のアンコールもやっつけ仕事って感じがして、ちょっと寂しかった。あと、ギターでこんな音が出せるのかと思った。寒気がするくらい美しい音だった。
ライブは、前回も手抜きと言う話もあったけど、前回の方が選曲もクラプトンの演奏も良かった気がする。けど、今回はバックのメンバーがかなり良いので、これはこれで満足。

ライブが終わって、退場制限をしていたので席で待っていたら、ステージの上から面白くなさそうな顔をしたスタッフがポケットに手を入れて何かを出して、節分のように何かを投げ出した。なんとギターのピック。それが1枚2枚じゃなくって、数十枚も投げ出した。その1枚をゲット!

大阪公演の曲目リスト。札幌の同じだったか微妙。
Pretending
I Shot the Sheriff
Got to Get Better in a Little While
Old Love
Tell the Truth
Motherless Children
Key to the Highway
Outside Woman Blues
San Francisco Bay Blues
Nobody Knows You When You're Down and Out
Running on Faith
After Midnight
Little Queen of Spades
Further on up the Road
Wonderful Tonight
Layla
Cocaine
(encore) Crossroads

Nec_0123

Nec_0134

2006年11月25日 (土)

ボード:国際スキー場

札幌国際

マイナス0度
BCストリームARK(2004-05モデル) ミッションGT(21-0) ION
09:30-12:30(滑走時間)
一緒に行った人(○藤さん 松○)

今日は、会社の後輩と3人でボード。どうも、ブーツに足を入れて締め付けると右足の踝の上が痛む。緩めても微妙に痛むけど、少し楽なのでこの状態で滑る事に。ゴンドラに乗る前に、2日前のバックサイドのズレが気になって金具を見たら24°になっていたので21°に戻す事に。ゴンドラの上で金具を調整しようとしたら、女の子がスキーの人が使っているドライバーを待っていた。その間、2人でスキーヤーの人を見ていたら、子供のスキーの金具を治していたんだけど、怒鳴りながら治していた。そんな怒るような事なのかなと思った。
角度を3度戻すと板のずれも収まっていい感じに滑れるようになった。けど、このBCちょっと板が短いせいもあって、どうもフリーランはちょっと物足りない。キャップ構造で有効エッジが長いせいもあってかエッジがなかなか抜けないで頑張ってくれる。
ちょっと、夏に少し考えていた初めての生徒さんにフロントサイドターンの導入のいい教え方がないか、少し考えながら滑っていたら、知り合いが声をかけてきたので、少し立ち話。そのあと、会社の後輩を数本教えて、少しずつエッヂに乗れるようになってきたようで、喜んでいた。けど、慣れてないゲレンデでフリーランの中で教えるのは難しい。


Dsc04521Dsc04522Dsc04532

2006年11月24日 (金)

CD購入

エリッククラプトンのライブに友達の子供を連れて行く事になって、連絡をとってみたら行くなら曲を聴いてみたいと言うので、HMVに行って新譜が出ていたので、買って待ち合わせする事に。ついでに色々見ていたら、ビートルズの噂の「Love」もあったので購入。これって、サントラとして発売していい気がするんだけどな。
そんで、待ち合わせをしたら、下の子もついてきていて見つけると、走って抱きついてきた。なんか、こうして久しぶりに会って喜んでくれるとうれしい。
自分が居なくなって悲しんでくれる人なんかいるのかな?

B000ij7ity01_aa192_sclzzzzzzz_v39678899_

B000jbxlom01_aa192_sclzzzzzzz_v38670283_

2006年11月23日 (木)

ボード:国際スキー場

札幌国際

マイナス3度
BCストリームARK(2004-05モデル) ミッションGT(21-0) ION
09:30-11:30(滑走時間)
一緒に行った人(○藤さん)

今シーズンの初滑り。会社の後輩と上司の3人で滑りに行こうという話になったけど、後輩が休日出勤になってしまったんで、上司と2人で滑りに行く事になった。前日、国際のHPを見ると朝からの雨で1番上しか滑れないとなっていた。夜、降りつづいているようだったんで、とりあえず行く事に。さすがに、早起きするのがやだ。それに、もうボードしたいしたいって言う感じしないので、暇つぶしに行くって感じ。
国際に着くとハイシーズン並みに人がいっぱい。何人か知り合いらしき人を見かけるけど声をかえるタイミングがとれなかった。雪は本当に柔らかくっていい感じだけど、まだ踏み固めてないので、すぐにゲレンデ状態が悪くなってしまった。何も考えてないで滑っていたんだけど、たまにバックサイドで板がずれてしまうので、ターンの時に沈み込みとローテションのタイミングを調整しながら滑っていたら、バックサイドの沈み込むタイミングがうまくとれない。なんか駄目。それに、去年使っていた金具が柔らかかったせいか、ミッションが凄い硬くって乗りこなせない。板も硬いし、うまく乗れない。
途中でもう基礎やめて、パウダー浅いパウダー滑ったり、ミドルでガンガン切っていったりした。なんか、やっぱりイマイチ楽しめない。それでも、土曜日と日曜日に行く事になりそうなんで、とほほ。

Dsc04488Dsc04491Dsc04499

2006年11月22日 (水)

ゲーム:龍が如く

毎日、家と会社の往復で退屈で、ビデオもいっぱい見てだんだん、する事も無くなってきたので、久しぶりにゲームを購入した。だいぶ探したけど、安いし2が出るようなので売ってなかったんで、アマゾンで購入。会社から帰って毎日毎日、ひたすらやり続けた。攻略本も読まずマニュアルも読まないでやっていたら、相手がどんどん強くなって、何十回もやられしまう。自分で強化しないといけなかったのね。栄養ドリンクいっぱい買って戦いに挑んだらまず負けない。ただ、攻略本を一切読まなかったので、かなりサブイベントを忘れた模様。それしても、某ブログの女王もはまってしまうのもわかる。なかなかよくできていると思うし、操作が簡単なのもいい。そんなんで、20時間くらいかかって終了。また暇な日々が始まるぅ。2買おうかな・・・。

B000ibgfqo09_aa280_sclzzzzzzz_v38105235_

2006年11月21日 (火)

この数週間

色々あった。それは、これから少しずつ埋めていこうかなと思うんだけど、この数週間で大切な人を2人も失って、人に裏切られてすっかり疲れた。それでも、仕事がめちゃくちゃ忙しいから考える余裕がないから少しだけ気が楽。
外を見たらしんしんと雪が降っている。子供の頃、テレビでなにげなく見た「海に降る雪」って言う映画を思い出した。この映画、すごい泣いたおもいでがある。海に積もる事のない雪。積もる事のない愛。主演の和由布子がけなげで涙でした。

2006年11月15日 (水)

音楽:キタラのパイプオルガン

親が、どこからかキタラのパイプオルガンの演奏会のチケットをもらってきたので、一緒に行ってみる事にした。チャリティ演奏会で、色んな人がきていた。なんと前札幌市長の上田さんが入口に立って挨拶していたのには、ちょっと驚き。
やはり良さそうな席は埋まっていたので、前の方の真ん中の席。今回演奏してくれたのは、東京芸大の先生らしく、かなり凄い人らしい。今日演奏するバッハの曲の説明をしてぶっ続けてで1時間くらい演奏するらしい。この辺の事はあとで加筆します。
正直言って、良い音だとは思わなかったです。パイプオルガンに問題があるのか、キタラに問題があるのか?こうゆうコンサートホールにパイプオルガンを設置して聞かせる事が問題なのかわからないけど、とにかく音がこもってしまって、音がよく聞こえない。席が悪いのも1つだと思うけど、1部の音が回って聞こえてくるので、なんか違和感もある。それでも、バッハの曲はやっぱり凄い。こうくるか!と言う驚きとやはり天才。いつかCDで聞いてみようと思う。


Nec_0143

2006年11月12日 (日)

タイヤ交換

大雪が降ったので、タイヤ交換をしに行った。ホイルがないので毎回、組み替え込みで安くしてくれているスタンドに持っていったら、なんと溝がそろそろないから交換した方がいいですと言われた。タイヤをみてみると、なるほど、ギリギリ。前の車は3シーズンも乗ってられたのに、今の車は2シーズンでだめかい。考えてみると、岩見沢に行ったりしてたし、しかないか。そんでタイヤを買うかどうか迷って、結局購入。彼女がよくなったら、一緒に東京に行くつもりでためていた2人分の旅費の一部がタイヤになった(笑)。まあ、もう行くこともないからいいんだけど、タイヤかよ。

2006年11月11日 (土)

すべて終わった日

この日記を書いたのは彼女とすべてが終わって、ちょうど一ヶ月後。

この日の昼間に、彼女からメールがあった。「そろそろ三ヶ月ですね。もう元の関係には戻れないです」と書いてあった。正直、針の穴ほどの期待を願っていたけど、だめだった。彼女の病気は一進一退と書いてあった。自分の気持ちを伝えたけど、これで終わりにするとメールに書いてあった。
それか3日間、色々考えて、もうあきらめる事にした。これからも待つからって言いたかったけど、自分が三ヶ月待つと言う事で、彼女に対してよくなかったと思うし、この先「自分」が待つと言う事がストレスになってしまって病気がよくならない気がする。それに、もう自分が必要のない事もわかったし。ただ、色んな事を自分に合わせてくれていて無理させていたんだと思う。映画でもご飯でも、テレビでもいっぱい・・・。あんなに、色々してくれた彼女は、いままでいなかった。彼女を失った大きさは自分にとって計り知れない。
大切な大切なMちゃん、幸せになってください。ありがとう。本当にありがとう。

それと、もう1人失いました。妹。ちょっとした誤解で・・・。

37歳でイヤな事をすべて終わらせたかったのに、こんなにつらい事が2つもあると思わなかった日。たぶん、この11月11日と言う日は一生忘れないと思う。

スクールの総会

スキー場での総会があった。行くと、さすがに5年も同じスキー場にいると、事務局のかたみんな暖かく迎えてくれた。スキー、スノーボードその他の皆さん。こんなに人がいるのかと言うくらい凄い人。けど、うちのスクールは半分くらいしかきてないから、実際はもしかしたら、この倍くらいの人達で運営されているのかな?
校長の変わりに挨拶を頼まれたけど、スクートの校長と色々話をしていたので、意味不明な事を言ってしまい反省。その後、スクールに別れて色々話をする。半年ぶりに会う仲間は、自分以外みんな元気そうだった。とにかく、みんな協力して1シーズン頑張ってほしいもんです。

2006年11月10日 (金)

本:白夜行

久しぶりに長編の小説を読んだ。この本、ドラマを少し見て原作を読んでみたかったんだけど、さすがに1000円もする単行本を買うのができず、数ヶ月買わずにいたけど、レンタルでドラマを全部見直してどうしても読みたくなって買った。
正直、ドラマを見ないで先にこの本を読めば良かったとすごい後悔。この2人の内面を書かずに、話が進行していくと言う、とても斬新な本。ドラマを読んでいなかったら、2人がどのように関係していってるのか、断片的にしかわからないから、色んな想像が膨らんでいく。その断片が読むにしたがってだんだん1つの形になって行くのはほんと面白い。東野圭吾恐るべし。
余談ですけど、この原作からドラマにした脚本もすごいと思う。この小説の内面を描かない事によって面白さがますのにも関わらず、最初に2人の関係や殺人をした経緯まではっきり見せて内面まで見せてしまうという、殆ど冒険に近い手法で脚本に落としてるというのはすごいと思った。小説とドラマとか人間性や性格がかなり違うとネットで話題になったようだけど、ドラマはドラマでよかった気がする。それにしても、よくこの小説を一回、完全にバラバラにして、見事に再構成したと思う。

また、これで暇になってしまふ・・・。なんかしてないと・・・。

408747439901_aa240_sclzzzzzzz_v66786781_

2006年11月 8日 (水)

免許の書き換え

やっと免許の書き換えに行ってきた。ちゃんと、はがきを読んで行かなかったんで、印鑑を忘れてあわてて取りに帰って、講習まであと30分しかない!間に合うのかとおもったら余裕だった。さすがに、平日の朝なんで思った程人がいなかった。時間があったんで、久しぶりに献血なんぞしてみた。最初に血を抜く人が、年齢不詳なんだけど、ちょっと好みの人だったんでドキドキもんでしたが、事務的に終了して、その後、医師の血圧なんだけど、起きてるんだから寝てるんだかよくわからないおじさんで、よろしくお願いしますぅぅぅと言って、頭を下げたまま数秒フリーズしてしまった。おいおい大丈夫?とおもったらのそっと起きて血圧をはかる。おいおい大丈夫?そんで、血圧正常で、血を400CC抜いたんだけど、朝ご飯も飲み物も飲んでなかったんで、献血しながらジュース。帰りももらって2本。なんか得した気分。少し良い事あるかな?

2006年11月 7日 (火)

ゲーム

よほどでない限りどこにもでかけたくないので、前からゲームでも買おうと思っていたけど、さすがにPS3が出るせいかこれと言って話題の新作がないのね。今からドラクエかファイナルファンタジーでもやろうかなと思ったけど、同じゲームはやる気にならないしな。この前、ガンプラを買いに行った時に、「龍が如く」が1800円で売っていたのを思い出した。某ブログ女王もはまっていたと言う事なんで、探してみたらなんと売ってない!ゲオやら、あっちこっちのゲーム屋に数カ所回ってみたけどない・・・。なにげにアマゾンには売ってるのかな?と思ってなんとなくのぞいたらあるじゃないですか!けど、送料かかるから、どうしようかな?と思って、ボタンを押しまくっていたら、購入してしまった。送料250円くらいだからいいか。
これで、数週間楽しめる!いっそのこと、PS3買ってしまおうかな・・・。どうせ、ほしい物もなんもないし。

B000ibgfqo09_ss500_sclzzzzzzz_v38105235_

2006年11月 6日 (月)

あと1週間

彼女が言って三ヶ月まであと1週間。お盆からすごい前の気がするけど、まだ三ヶ月しかたってないんだ。
未だに、彼女とどこかで会うのが怖くて、職場の近くを通ると、できるだけ回りを見ないようにしてしまう。彼女に出会う確立って、札幌市民だけ考えると約18万分の1。いつまで、こうして忘れられないんだろう。この前のNHKスペシャル「ラストメッセージ 手塚治虫」で手塚治虫が「これまでの人生、これからの人生で出会う大きな出来事を、生涯忘れないでいてほしい」と言う事を言っていた。こんな辛い事は忘れたくっても忘れる事なんてできないと思う。それを、どうこれからの人生に生きる糧としていけばいいの?人と接するのも怖いし、人を信じる事もできない。まして、人を愛する事なんてできない。前の彼女の他に1度だけ結婚をしようか真剣に考えた事がある。その子には悪いけど、それって好きとかじゃなくって、あまり毎晩のように愚痴られるので半分どうでもいいって感じで結婚を考えていた。それとは、本当に違った。冷静に今考えても、別れ際に「結婚して」と言った事も後悔してないし、今でもあの時の気持ちは変わってない。

あれから、ただなんとなく生きてるって感じ。何の希望もなく、何の夢もなく・・・何もしたくない。

連絡はきっとこないと思う。わかっていても、バカだから持ってしまう。バカでいいと思う。そうやって、いつまでも待ってるのが自分にあってると思う。今の自分の支えってそれのような気がするし。それを失ったとき、なんかほんと駄目になっちゃう気がする。

2006年11月 5日 (日)

美術:梅原龍三郎展

梅原龍三郎展
10月25日(水)→11月6日(月)
札幌大丸

あんまり街中には出かけたくなかったんだけど、会社で頼まれた本を調べに行ったついでに見てきました。最初の方の説明に書いてあったけど、梅原龍三郎の絵の色彩が鮮やかな事が見てわかる。まるで、南の島で写真と撮ったような、光がいっぱいって感じ。その説明には「赤」についても書かれていたけど、たしかにとても鮮やかな赤を使ってる。あと、気がついたのが、日本画の顔料を使って描いていたんじゃないかと思うくらい、粒子の粗い青を使っていた。個人的は、絶筆の浅間山(だったかな)がよかった。梅原龍三郎は好きか嫌いか別れるとこなんでしょうけど、少なくても日本の洋画には大きな足跡を残した人なんでしょう。
後半、梅原龍三郎に関わった人など資料が展示されていた。とても色んな人から慕われていたのがわかる。あと、岸田劉生などの絵などもあってなかなか興味深かった。

Umehara

2006年11月 4日 (土)

びっくりした

土曜日に、取引先の人とご飯を食べに行く事になって大通近辺でだらだと探していたら、美唄焼き鳥があったんで、そこにした。なにげに店内を見回すと、苫小牧に住んでいる同じボードスクールの人がいた。とても話が盛り上がっていたようなんで、メールを入れてみたら、気がついたらしく、少し話をしたら取引先の人なんか全然かまわずすごい盛り上がってしまった。今シーズンもよろしくねと言って話が終わったんで、トイレにたったらなんか見た事ある顔が・・・。数年前までよくボードに一緒に行ってた友達がいた。こちらもすごい盛り上がっていたので、メールを入れたけど返事がないので、そのままに。帰ってる途中で「声かけてくれたらよかったのに」とメールきたけど、そんな盛り上がってるに無理よ。
それにしても、同じ店に知りがいが2人もいるってびっくり。

260543973_194

2006年11月 3日 (金)

美術:広島市現代美術館コレクションによる この20年の、20のアート

広島市現代美術館コレクションによる この20年の、20のアート
2006年 11月3日(金)〜2007年1月14日(日)
札幌芸術の森美術館
南区芸術の森2丁目75

初日に、見てきました。この日、講演会もあったそうで、もう少し早く行けば良かったと後悔です。
作品の1点1点が100号くらいある、大きな物ばかりで、20のアートという題名がついてるように、20人の現代作家の作品数しかないので、かなりゆったりと見る事ができました。かなり幅広く、日本の現代美術作品ばかりなので、現代の日本の現代美術がなんとなくわかると思いました。ただ、コレクションなので、最先端というとそうでもない気がしました。
個人的に、宮島達男の作品が好きで、今回、宮島達男の作品を楽しみにしてました。たぶん、北海道の美術館では初展示じゃないかな?たぶん、これが目玉とあって、作品も最後に展示されていて、原美術館にあるように横に並んでいるものですが、大きさが圧巻でした。真ん中だけ点滅していないので、気になってよく見てみると、2つが対をなしてカウンターが動いてる。他の作品もそうだたのかな?
奈良美智の作品は、最近の物で表情が少し柔らかくなっているのがよくわかる。色鉛筆での彩色もかなり色を重ねているのがよくわかる。
あと、森村泰昌の作品はほんと強烈です。 ヤノベケンジや、堂本右美など、個人的にはなかなか楽しめる事ができました。 あと、千住博の作品もあった。
帰りに本屋さんに寄ったら今月の「pen」にヤノベケンジなど出ていたので購入。ヤノベケンジなど、他にどんな作品をつくっているのか見る事ができそう。

2006113

2006年11月 2日 (木)

森町のいかめし

友達が、会社終わって丸井今井でやってる、「全国うまいもの大会」に行くとメールがきたので、きっとないと思うけど、お願いして森町のいかめしを頼んだ。そしたら、まだあったとの事なので2つ買ってきてもらう事。それにしても、こんな大人気の駅弁、明日祝日なのに売ってるのね。それにしても、このいかめしは美味しい。しかも中に3つも入って470円は安いよ。

259700024_163

2006年11月 1日 (水)

お休み

3日は文化の日なのね。大丸で「梅原龍三郎展」、芸術の森で「広島市現代美術館コレクションによる この20年の、20のアート」、札幌宮の森美術館で「クリストとジャンヌ=クロード1958−2006展」やってる。なんか、動きたくないけど、休みだからどれか見てこようかな。芸術の森でやってる広島市現代美術館は、大好きな宮島達男の作品があるみたい。直島の彼の作品はいつか見てみたいな。
少し、外に出ないとほんと駄目になってしまふ。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31