« iPodその後・・・その1 | トップページ | iPodその後・・・その2 »

2006年9月16日 (土)

映画:Uボート ディレクターズカット

ウォルフガング・ペーターゼン監督の潜水艦ものの金字塔「Uボート」のディレクターズカット盤。このディレクターズカットなんと、209分もある。3時間29分。過去に「1900年」の5時間と言うのを見た事あるけど、あれは別物。この「Uボート」を見てしまったせいで、そのあとに出た潜水艦ものは、すべて駄作に見えてしまふ。同じ第二次世界大戦を舞台にした「U-571」なんか、もう子供が作ったんじゃないか?と言うくらい中身も薄いものに感じてしもうた。そうそう、潜水艦もので、この映画の次に面白かったのが、かなる古い映画だけど「眼下の敵」。駆逐艦と潜水艦の話なんだけど、かなり面白かった。

さて、このディレクターズカット盤。正直、この3時間29分と言う長さは全く気にならなかった。とくに、ジブラルタ海峡のあたりからラストまで1時間くらいは一気に見る事ができる。あの緊張感と閉鎖感は見事だと思う。あの狭い潜水艦の中で、カメラががーっと動くと、まるで自分もその中にいる感じがしてしまう。と言うか、自分もその潜水艦に乗っているような感じがする。ただ、なんかジブラルタ海峡でのシーンが、映画の長さのせいかも知れないけど劇場公開版に比べてあっけなく沈んでいったような気も・・・。この映画、なんでも人間を描こうとしてディレクターズカットしたような事を書いてあったけど、ちょっと中途半端になってしまってるようでいらなかったような気がする。それでも、この映画、やっぱり凄い。戦争って、非情。
ウォルフガング・ペーターゼン監督の映画って、その後「ネバーエンディング・ストーリー」「トロイ」「アウトブレイク」「エアフォース・ワン」とかそこそこの映画とってるのね。「アウトブレイク」くらいしか見てない。

B0006sleew01_scmzzzzzzz_v61702238_

« iPodその後・・・その1 | トップページ | iPodその後・・・その2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646609

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:Uボート ディレクターズカット:

« iPodその後・・・その1 | トップページ | iPodその後・・・その2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31