« 美術:大ナポレオン展 | トップページ | やっぱり無理 »

2006年8月29日 (火)

テレビ:世界遺産(アウシュビッツ)

日曜日の夜「情熱大陸」を見ている。世界遺産も見たいけど、ほんとたまにしか見なくなっていた。日曜日、CMでアウシュビッツの空撮が流れて、あまりの広さに唖然とした。調子がよくないから録画して後日見ようとお風呂に入ったけど、早々にあがってやっぱり見る事に。
言葉を失ってしまいました。人間がこれだけの人が殺されて、けど殺してるのも人間。ガス室の横には焼却炉。いかに効率よく人を殺して処分するかと言う考えで作ってある。人間ってどこまで非情になれるんだろう・・・。あのアウシュビッツを世界遺産にした事の意味。21世紀、22世紀・・・と人間への警告として残していかなくちゃならないものなんでしょう。

このナチスによるユダヤ人の虐殺があったあとにも、虐殺は続いてる。政治が絡んでいるせいで、虐殺と認めず介入しない国もある。
そんな世の中に今自分がいる事を考えないと駄目なのかも。

« 美術:大ナポレオン展 | トップページ | やっぱり無理 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646589

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ:世界遺産(アウシュビッツ):

« 美術:大ナポレオン展 | トップページ | やっぱり無理 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31