« スノーボード オーンズ 06/03/18 | トップページ | すごいストレス・・・ »

2006年3月18日 (土)

映画:エミリー・ローズ

監督 スコット・デリクソン
製作総指揮 
原作 
脚本 ポール・ハリス・ボードマン 、スコット・デリクソン
音楽 クリストファー・ヤング
出演 ローラ・リニー トム・ウィルキンソン

日曜日の深夜やっている「ショービズ」を見て見たいと思っていた「エミリー・ローズ」を見てきた。悪魔払いと法廷ものと2つ混ざってるような映画と聞いていたけど、まさにそのとおり。正直言って、編集と演出がうまいせいか、映画はグイグイ引き込まれていく。映画は、ほんと面白いんだけど、見終わったときに、法廷ものにしても恐怖映画にしても中途半端だと言う事に気がつく。それでも娯楽作品として見ると面白い。法廷ものとして見ていると、検察と弁護士の駆け引き、弁護士と神父との心理的な関係、その弁護士の葛藤もイマイチ感じられない。時間の推移がよくわからない。特にエミリーが大学の寮にいて家にどのくらい戻ってきたのかとか、マリアに会ってからどのくらい生きていたのかとか。裁判もどのくらいかかっていたのかも。裁判長が「それでは明日」とか言うから、1週間くらいの話しなの?って思ってしまふ(笑)。それでも、この映画が見ていて引き込まれるのは、演出と編集がうまい事じゃないかな?それと悪魔払いを宗教がやっていると言う事じゃないでしょうか。そのため、映画も重みがでてくるし、現実味がでてくる。ウィリアムフリードキンの「エクソシスト」が未だに好きな人が多いのもそのためだと思う。
悪魔っているんでしょうかね?この映画ではカトリックで悪魔払いをしている。現実に世界で悪魔払いがいると言う話しだし悪魔払いがいると言う事は少なくても宗教として悪魔はいると言う事になる。

EMILYROSE

« スノーボード オーンズ 06/03/18 | トップページ | すごいストレス・・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646535

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:エミリー・ローズ:

« スノーボード オーンズ 06/03/18 | トップページ | すごいストレス・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31