« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月27日 (日)

スノーボード 国際 05/11/27

札幌国際スキー場
晴れ -4度(頂上)
バートンカスタム62(2005-06モデル) P1(21-0) ION
8:40-12:30(滑走時間)
一緒に行った人(大○さん 横○さん)
会った人(桜○くん 猫○さん ミ○さん 稲○さん い○○ちゃん)

この日もSAJの講習ですごい人。それにしても、ゲレンデがフルオープンしてるせいもあってか、かなりの人。前日の疲れと筋肉痛が少し抜けず、1本目ガ〜〜と滑ってしまったら、あとはもう、ダラダラモード(笑)。ショートも昨日のような滑りができず、ふらふら。途中で、国際のイントラの人に「滑ってるとこ見たよ〜〜Bの滑りじゃないね(笑)」と言われて笑うしかなかった(あはは)。
途中で、同じスクールの人に出会えてうれしかった。初滑りだと言うのに、かなりいい滑りとしていた。

今日は、自分の滑りが全くできなかったので、ちょっとショートを説明してみました。それにしても、谷まわりをうまく使うことを説明したら身体能力が高いこともあってか、滑りがガラリとかわる。急斜面があったら、そこで滑ってもらいたかったんだけど、国際ってあんまし急なとこないですよね〜〜。

それにしてもすごい人。板がどっかで傷ついたのがショック。テンション下げ下げになってしもうた。

DSC03090_2

2005年11月26日 (土)

スノーボード 国際 05/11/26

札幌国際スキー場
晴れ -2度(頂上)
バートンカスタム62(2005-06モデル) P1(21-0) ION
8:40-12:30(滑走時間)
一緒に行った人(木○さん)
会った人(ミ○さん)

23日のゲレンデ状況があまりにもよかったので、新しい板を持っていった。それにしても23日より早くゲレンデに到着したのに、すごい車。どうやら、SAJの講習でした。ゲレンデは、前日数センチの積雪があったようで、コース端にパウダーがあるぅぅぅ。板は浮くしめちゃくちゃ切れるしすごい楽しい。特にショートが162cmあるのに長さを感じず、板が雪面をとらえてくれるので、ゲレンデが多少荒れても楽しい。ここ数年のカスタムでは桁違いにいいい。この日も、用意してる時にミ○にあったけど、滑走中は1回も見ることなかった。

そんなんで、この日はショートばっかりやってみた。板に任せてられるので、多少荒れていても殆ど苦にならずにできる。板が違うだけでこうも切れるとは驚き。ロングも数本やってみたけど、板がめちゃくちゃ走るので、慣れてないせいもあって、荒れたバーンではできなかった(ははは)。

DSC03057_2

2005年11月23日 (水)

スノーボード 国際 05/11/23

札幌国際スキー場
晴れ -5度(頂上)
バートンカスタム62(2001-02モデル) P1(21-0) ION
8:40-13:30(滑走時間)
一緒に行った人(大○さん)
会った人(猫○さん さ○さん ミ○さん)

今年初滑り。8時40分くらいに到着するも、かなりの人。例年、初滑りは3本くらいで足がたたなくなるので、1日券が3000円なんで1本1000円かなと思いながら滑っていたんだけど、思った以上に滑れて7本。うれしいことに、この日は3人の知り合いに会えることができた。
雪質は、かなりよく積雪量も石を踏んでしまうこともなく上からしたまで滑走可能。10時すぎにダウンヒルもオープンして、全コース滑走可能。この時期、やはり雪がかなり柔らかいので、30分もしないでゲレンデガタガタ。小さい、ウェーブでエッジが抜けそうになったりで、ハラハラドキドキ。

初滑りだったんで、とりあえず最初の数本はミドルで上下動を意識して滑ってみた。やはり上体が高いのが今後の課題かな。雪が柔らかいせいか、スピードがでないので、ミドルから中斜面でロングを数本やってみた。まだ足首と膝がうまく動かないせいか、たま雪面をとらえることができなくなってしまふ。くいついているときは、とても楽しい。ショートターンもやってみたけど、思った以上にいい感じ。けど、抱え込みは全くできんかった(しょぼ)。まあ、検定受ける訳じゃないから少し楽しく滑りたいもんです。

DSC03040

2005年11月22日 (火)

ガリウム バイオレット

ピンクを6回入れたので、そろそろ第2段階のバイオレットを入れることに。何故か、たまにひっかかる。ピンクの時のように、スムーズに入らない。なんでだろうか・・・。入れ方悪いのかな?あと、板が若干、ソール面が凹んでる気がする。一発板を削る予算ないし、まあいいか。

56367978_206

2005年11月21日 (月)

滑りに行こうと思って

20日に国際に滑りに行こうと思って、一生懸命ワックス入れたけど、朝、布団の中とボードを天秤にかけたら、布団の中が圧勝してしまったので、行くのをやめちゃった。それにしても部屋の中でボード2本入れたけど、めちゃくちゃ大変。体中、ワックスだらけになるし、2時間もかかってしもうた。

55700410_216

2005年11月20日 (日)

dancyu そば最強60店

なにげに、セブンイレブンにお買い物に行ってみると雑誌「dancyu」があった。特集が、そば最強60店!これは買うしかないでしょう。東京の有名店も数店乗っているが、おいしそうなお店が何店も出ている。東京に行ったら、美術館巡りのついでに蕎麦屋めぐりしているけど、これだけ行きたいお店が増えてしまうと、蕎麦屋めぐりで終わってしまいそうだ。時間のあるときに、まとめておこうっと。
そうそう、この中に札幌のお店が2店紹介されていたので、近々行ってみますだ。1つ楽しみができた。

BOOK-02

2005年11月18日 (金)

新しいボード

やっと新しいボードが届きました!これから恐怖のワックス入れ。3年前に買ったバートンのカスタムよりソール面の仕上がりよくって、ワックスとっても入れやすかった。3年前のものは、もうケバケバで6回くらい入れたとこで、やっとすんなり入るようになった(笑)。
ただ、新品なのにデッキ面もソール面も傷があった。なんでかな?まあ、どうせ多少は傷つくからいいんんだけどさ。

55082602_158

2005年11月17日 (木)

あおぞら銭函3丁目

あおぞら銭函3丁目
小樽市銭函3丁目509-6
TEL/FAX:0134-62-6606
ランチタイム:11:00〜14:00
カフェタイム:14:00〜17:00
居酒屋タイム:17:00〜21:00 月曜定休

今日も「あおぞら3丁目」に行ってきた。目的は「チキンカツ定食」なのだ。噂によるとここの「チキンカツ定食」はすぐ売り切れになるらしく、なかなか食べれないという話。過去に数回頼んでみるも、品切れ。今回は、なんとあるということで、わくわく。
個人的に、年をとったせいもあって揚げ物は、苦手。、ご飯にみそ汁に漬け物にチキンカツ。なかなかのボリューム。胃にもたれること間違えなし。チキンカツはタルタルソースにつけて食べる。いや〜〜うまいです。うまいけど、あたしの胃は残り三切れを残して拒否しはじめる。おいしいのがだんだん苦痛になって、最後の1切れは食べたいけど・・・うううと言う感じ。それでもなんとか完食。餃子もうまいけど、チキンカツもおいしい。

55022146_203

2005年11月13日 (日)

フリーマーケット

はじめて、フリマというのに行ってきた。場所は丘球にある「つどーむ」。正直言って、午後からちょっと買い物があったんで、早く行って早く帰ってこようと思って10時半くらいに着くよう行ったら、すごい人。駐車場も規制が入っていて芝生の上。
それにしても、出店してる数の多さには驚きで、ゆっくり1つ1つ見ていたらとてもじゃないけど、4時間あっても足りないくらい。けど、子供服と女性服ばかりなんで、自分はあんまし興味がないものばかりなんで、流してみていたんですけど・・・。
フリマを見ていて、子供の頃、小樽運河の埋め立て反対ということで「ポートフィスティバル」というのをやっていたのを思い出した。なんか、ああゆう、みんなで作り上げたイベントって楽しいな〜〜って思った。

53756336_239s

2005年11月12日 (土)

オスカー・ピーターソン&ディジー・ガレスピー

ソニーロリンズのライブを聴きに行ってから、無性に何故かオスカー・ピーターソンが聴きたくなった。子供の頃、よく親父が車の中で「オスカー・ピーターソン&ディジー・ガレスピー」をかけていた。ジャズなんて訳もわからないのに、すんなり耳に入っていたのが、何故か不思議。この「オスカー・ピーターソン&ディジー・ガレスピー」のキャバンが聴きたくって、札幌中の有名CDショップを回ったけど、ない・・・。以前「パルシュ21」があったときは、売っていたので、買っておけばよかった。
Amazonでは売ってるけど、どうも通販って信用できないんだよな。以前、会社の上司に「これ絶対に安い」と言うのでHP見てみたら、たしかにこれだけのものなら安いと思って買ったけど、写真ときたもの大きさが全然違って、結局定価だったし(笑)。考えてみると、子供の頃、タクシーに1人で乗ることできなかった。どっか知らないとこに連れて行かれるんじゃないかと・・・。今でもタクシーに乗るのは、ちょっとドキドキしてしまう。それに、タクシーを乗ると、とっても大人になった気がしてしまふ。

JAZZ02

2005年11月11日 (金)

映画 フルメタルジャケット

数年ぶりにキューブリックのベトナム戦争を描いた「フルメタルジャケット」を見た。何年か前に「プリミエ」と言う雑誌でキューブリックのインタビュー記事が乗っていて、この「フルメタルジャケット」について書かれていた。うる覚えなんだけど、この映画のすごいのは前半の訓練と軍曹だとほとんどの人がそう思うはず。この軍曹、当初ロバートデニーロと言う話もあったけど、実際に訓練をしていた人間をつかったようなことが書かれていた気が・・・デニーロの演技は高く評価していたけど、本物にはかなわないようなことが書いてあった気が・・・。(違ったらごめんなさい)。
それにしても、当時CGがそんなに発達してない中であれだけの映画を作ってしまうんだから、驚き。後半の市街戦のあの建物って全部作ったんだろうな。どうしてもああゆう市街戦になると、とても狭い中でこちゃこちゃになってしまうけど、本当に市街戦って感じがする。戦争によって、1人の人間が人間性を失っていく。1人じゃないんだよね、ヘりに乗って民間人を虫けらのように殺してしまったり、実際はもっとすごかったんだろうし・・・。
なんか、全然感想になってない(笑)。

002

2005年11月10日 (木)

オーネットコールマン

札幌にオーネットコールマンくる〜〜〜。早速予約入れてのだ。けど、怪しいオンライン予約したから、ちゃんと届くかどうかわかんないから、不安だ〜〜。
それにしても20年くらい前に買った、ジャズの人名図鑑で、オーネットコールマンをひいてみたら、なんとオスカーピータソンより詳しく書いてあった。なんでもジョンルイスに見いだされたようだ。
写真がアップできなくなったと思ったら、マックのsafariの問題らしい。なんか勘弁してほしい。

ornette

2005年11月 9日 (水)

ソニーロリンズ札幌公演

ソニーロリンズ ラストコンサート
北海道厚生年金会館
開場 18:00 開演 18:30
S席¥7,000

Sonny Rollins(Tenner Sax)
Steve Jordan (Drums)
Clifton Anderson(Trombone)
Bobby Broom(Guitar)
Bob Cranshaw(Bass)
Kimati Dinizulu(Percussion)

ジャズの巨人の1人、ソニーロリンズのラストコンサート。雨の中、会社が忙しくギリギリに出てなんとか間に合うものご飯を食べれずに会場に。すごい人。噂によると当日券もあると言う話だけど、さすがにソニーロリンズ。
なんと75歳だと言う話。昨年の、オスカーピーターソンのように指が動かない状態でもテクニックと感情の入った演奏のような感じかなと思っていた。
開演になって黒いサングラスをしてゆっくりとした足取りでソニーロリンズが出てきた。足が少し悪いのか、ちょっとおぼつかない感じがしたけど、ジャズの巨人と言う感じ。めちゃかっこいい!しかも1曲目からすごいテンションで吹きまくる。曲の前半は、ちょっと全体的にバラバラだったけど、さすがプロ、どんどんよくなってきて圧倒。もう、1曲目から息をのむ演奏。とても75歳と思えない肺活量。1曲目から感動して涙が出てしまった。トロンボーンのソロがあろうと、拍手する間もなくサックスがガンガン入ってくる。時間にして2時間20分くらい、立ちぱなしで吹きまくり。かっこよすぎる。終わらない拍手。こんなに終わらない拍手初めて。ギターがちょっと・・・って感じ。ドラムすごいと思ったら、なんとスティーブジョーダンだったんね。ソロであれだけスローでも聞かせてしまうあたり、お見事でした。
あれだけの演奏ができるんだから、きっときてくれるさ!

すごいよいライブだったんだけど、隣の隣のおばさん、演奏途中にカバンからジュース出して飲んだり、飴だかを出したりして、しかもちょろちょろ、演奏聞いてるんだからなんだかわかない。もう少しまわりの事も考えてほしい。でなかったら、1番後ろの角席に座ってくれ。根っからのソニーロリンズファンだったら、あんたボコボコにされてたとこだよ。

NEC_0037

NEC_0038

2005年11月 8日 (火)

映画 僕の彼女紹介します

前作の「猟奇的な彼女」にすっかりはまってしまっていたので、この映画は見たかったけど劇場で見ることできず、やっとDVDで見れた。友達の話だと「猟奇的な彼女」が好きなら絶対に好きと言うので、とても期待していたんですけど、チョン・ジヒョンのプロモーションビデオって感じで面白くなかった。「猟奇的な彼女」では、なんかとても切ない感じがとても感情移入できたけど、どうも人が死んじゃってるのに、なんかコメディにしか見えないしさ(笑)。けど、最後は、お見事って感じ。

★★☆☆☆

0145

2005年11月 7日 (月)

本田美奈子

日曜日に本田美奈子が亡くなった事を知った。正直、本田美奈子は好きなアイドルじゃなかった。月曜日の朝のニュースを見て、本田美奈子の人柄のよさがとても強調されていた。スポーツ紙も異例のように書いていたそうです。
癌って数年前に比べてけして治らない病気じゃないと思っていたのに、現実を見た感じがする。

ご冥福を祈ります。月曜の朝、ニュースを見て、ふと見上げると虹がはっきりと見えた。

DSC03024

2005年11月 6日 (日)

蕎麦 東屋寿楽

東屋寿楽
札幌市中央区北2条西27丁目
営業時間:11:00〜21:00
定休日:水曜日
駐車場あり

東屋寿楽。釧路の東屋総本店竹老園の暖簾分け。札幌の東屋では1番有名なお店ではないでしょうか。その札幌の寿楽からも数店、暖簾分けが続いている。お店は、かなり高級感あって、庭がとても奇麗に整備されていました。けして、蕎麦は高くないです。
これで、北海道の新そば会に入ってる蕎麦屋さん4件目。

お蕎麦は、蕎麦の身の中心を使っているらしく、更級に近いかなり白い蕎麦です。麺は、柔らかめです。ちょっと茹で過ぎかと思ったんですが、いつもこんな感じだそうで、納得。タレは好き嫌いになってしまいますが、個人的には、蕎麦に対してもう少しって感じ。
お店のかたはとても親切です。

DSC03015

DSC03014

2005年11月 5日 (土)

ル・コルビジェ展

札幌紀伊国屋 2階
札幌市中央区北5条西5−7
TEL:011-231-2131
11:00〜21:00

現代の建築家の本などを読んでいると必ずと言っていいほど出てくるル・コルビジェ。日本では東京国立西洋美術館しかない。安藤忠雄は、ル・コルビジェが設計したけど建築中に立ち会う事がなかったせいか、ほかのル・コルビジェの建築に比べてちょっと弱いような事を言ってた気が・・・(うる覚えですみません)。それでも、日本で唯一のル・コルビジェの建築。
さて、紀伊国屋の2階でやっていたル・コルビジェ展。「3D・コルブ?ル・コルビュジエを体感する」と言う本からの展示らしい。サヴォア邸、ロンシャンの礼拝堂、カプマルタンの小暇小屋をパネルとパソコンで見せてくれました。なんだったんだろう・・・。サヴォア邸の設計の案がどのように変わっていったかは、なかなか興味深かったけど、正直言って、これで何を説明したいのかよくわからなかった。ル・コルビジェの建築の機能性などを言いたかったのか?数年前に東京現代美術館で「ガウディ展」を見たときに、どうのように柱をデザインしたのかと言う事を映像でとてもわかりやすく説明してくれたのには、とても衝撃だった。当時、パソコンなどない時代にあれだけの事をしてたとは驚き。
やはり、この展覧会は、興味をもったら本を買ってくださいと言う事なのかな?
まあ、はっきり言って、自分がバカなんですね。

100-02

2005年11月 4日 (金)

いつくるんだ「空中庭園」

角田光代の代表作の「空中庭園」が東京では公開になってる。札幌ではポスター貼ってあるけど、いつから上映なんだろう。監督が覚せい剤?で捕まったりして上映されるかどうかと言う話もあったけど、この原作は面白かったから、ぜひ見たい。結婚して家族のない、角田光代が書いて、家族のいる豊田利晃が監督。違ったどうゆう風にこの原作を料理してるのか見たいよん。

豊田利晃って、もともと阪本順治の「王手」の脚本家だったのね。この映画、なかなか面白かった。最近、映画って脚本がとても重要だって思うんですよ。原作はとっても面白いけど脚本でだめになった映画。まあ、編集でだめになった映画もあるけど(笑)。そういえば、コッポラももともとは脚本家。

53583011_119

2005年11月 3日 (木)

後藤純男美術館

後藤純男美術館
上富良野町東4線北26号
TEL:0167-45-6181
9:00〜17:00
一般1000円
小人500円
レストラン
9:00〜17:00
http://www.gotosumiomuseum.com/

数年ぶりに上富良野にある「後藤純男美術館」に行ってきた。できたばかりの頃に行った時とは違って3倍以上大きな美術館になっていたには驚きました。中には売店やレストランまで併設されてゆっくり鑑賞できるようになっています。
作品点数もかなりの量で、後藤純男を代表作「雷鳴」や「新雪嵐山」などあった。館内はかなり広くてゆったりみれて、とにかく後藤純男ファンにはたまらない、大型の作品が何点もある。個人的には、デッサンがとても気にいりました。
これだけの作品をここに展示すると言うのは、後藤純男がいかに上富良野が好きかよくわかる。そういえば、上富良野にアトリエを作って描いた十勝岳連峰の作品を見ただけでもわかる気がする。

DSC02989

DSC02991

2005年11月 2日 (水)

ボードの板がこない

今年は、何故かお店にボード関連の物が遅れてるようで、10月29日に届くと行っていた、予約していたボードは半月遅れ。ただでなくてもテンションあがらないのに、下がるだけ(笑)。やっぱり、ボードなんか買わないで東京に遊びに行けばよかったと後悔。やっぱり「佐伯祐三展」見に行けばよかった。

昨日、無性にある人に会いたくなった。今年の春に「エターナルサンシャイン」を一緒に見に行った人。ここんとこ、毎日のように思い出される。と言うか、毎日、どっかで思い出されるんだけど、その思い出される時間が日に日に大きくなってしまふ。なんでだろう・・・。会いたくて会いたくてどうしょうもない。きっと、寒くなってきたからなんだろうな。

写真はセブンイレブンのかぼちゃプリン。

50401206_238

2005年11月 1日 (火)

スープカレー アジャンタ

アジャンタ
札幌市手稲区稲穂1条8丁目2の10
TEL:011-684−8880 
営業時間:11:20A.M.〜売り切れまで
定休日:月曜日・金曜日
駐車場あり

久しぶりに手稲の「アジャンタ」に行ってみた。ここは南21条にある「アジャンタ」の支店にあたるお店。この2件が昔からあるスープカレーの「アジャンタ」らしい。子供の頃から21条にあるお店は有名で、おいしいと言う話をきていて、カレー好きな子供にとっては、小さい頃からの夢でした(笑)。
昼過ぎに行くとよく「とりしかないんですけど」と言われます。まあ、とりしか食べる気ないからいいんだけど。ここのカレーは足を半分に切ってあってかなりボリュームあります。大きなニンジンのほかに色ピーマンはいってます。個人的には好き。おいしいです。

NEC_0036

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31