« ゲーマーな日々 | トップページ | みどりの月 »

2005年9月 7日 (水)

号泣する準備はできていた

江国香織の直木賞受賞の「号泣する準備はできていた」を読み終えた。「冷静と情熱のあいだ」が話題になっていた直後にこの本がでた事もあって、とても気になっていたのですが、角田光代にはまってしまって、読まずにいた。たまたま古本屋さんで初版本を見つけたので、買って読んでみた。
大きな落ちがある訳でなく、ごく普通のどこでもある日常。この本を読んでいて、最後の短編を読み終えた時に、如何に自分が女心と言うのがわかってないのかって気がついたきがする。女の微妙な感情の揺れと言うのが・・・。理解できないぶん、読む時間がすごくかかってしまった。1年後とか5年後また読んでみたい。

goukyuu

« ゲーマーな日々 | トップページ | みどりの月 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646408

この記事へのトラックバック一覧です: 号泣する準備はできていた:

« ゲーマーな日々 | トップページ | みどりの月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31