« ジャン・コクトー展 | トップページ | 映画 エイリアンVSプレデター »

2005年5月14日 (土)

映画 ロスト・イン・トランスレーション

監督 ソフィア・コッポラ
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ 、フレッド・ルース
原作 −
脚本 ソフィア・コッポラ
音楽 ブライアン・レイツェル 、ケヴィン・シールズ
出演 ビル・マーレイ 、スカーレット・ヨハンソン

ソフィアコッポラの「ヴァージン・スーサイズ」に続く2作目。正直言って「ヴァージン・スーサイズ」は、個人的には内容はイマイチだったんですけど、映像はなかなかよかった記憶がある。この映画、公開された時にかなり評判よかったんですけど、どうも札幌では短期間で終わってしまったような記憶が・・・。
映画は、とても単純でハリウッド俳優が日本のCMに出演する為に東京にきて,同じホテルに宿泊していたアメリカン人のカメラマンの人妻との淡い恋いを描いた作品。それにいてもビル・マーレイいいです。なんとも言えない良い味だしてます。あと、スカーレット・ヨハンソンの撮り方がうまい。可愛いとかじゃなくって、不思議な存在のように撮影してる。自分が、まるでビル・マーレイのような感じがしてくる。ソフィアコッポラ、すごいうまく監督だと思う。あと、音楽がすごいよかった。
この映画DVDで見たのですが、特典映像でこの映画のメイキングなどを見たら、無許可で撮影してるんじゃないか思った。渋谷のスクランブル交差点とかでよく撮影したもんだと関心したです。
★★★★☆

m-rost

« ジャン・コクトー展 | トップページ | 映画 エイリアンVSプレデター »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646343

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ロスト・イン・トランスレーション:

« ジャン・コクトー展 | トップページ | 映画 エイリアンVSプレデター »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31