« 映画 エイリアンVSプレデター | トップページ | 第60回春の院展 »

2005年5月17日 (火)

本 対岸の彼女

小説の内容にふれてしまうと思うので、読んでいない人は読まない方がいいと思います。
昨日、角田光代の「対岸の彼女」を読み終えた。人との付き合いがうまくいかない自分に似てしまった子供に悩む小夜子と、再就職した会社の社長の葵とのお話。話は小夜子の現在の話と葵の高校の話が交互しながら現在に重なる。。それが、交互に描かれていて、どんどん次が読みたくなってしまって、毎日23時に寝ていたのが24時が1時過ぎまで読む日まで読んでしまって、寝不足が続いてしまった。ごくごくありふれた題材なんだけど、とっても共感できる事が多かった。

感想また付け足します。

035

« 映画 エイリアンVSプレデター | トップページ | 第60回春の院展 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646345

この記事へのトラックバック一覧です: 本 対岸の彼女:

« 映画 エイリアンVSプレデター | トップページ | 第60回春の院展 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31