« 怪しいビデオで漢字の勉強 | トップページ | 直木賞と芥川賞 »

2005年3月30日 (水)

映画 ブリジットジョーンズの日記2

028前作の「ブリジットジョーンズの日記」は、自分の誕生日に見に行って号泣してきた想い出がある映画。この年見た映画で1番だった。この映画、何故か火曜日に2人で行くと2400円になると言う話。エターナルサンシャインを見に行った人と行ってきました。映画も見たかったけど、お話ししてたかった・・・。
ブリジットがどんなに毒をはいても可愛い。たぶん、何しても一生懸命だからなんだろうな〜。前作の方が、ブリジットジョーンズと言う人間をうまく映像にしていたような気がしたけど、面白い。ただ、ブリジットに感情移入する前に映画の話があれよあれよと進んでしまって、ちょっとついて行けなかったのが残念。もう少し、マークに疑いをもつまでの時間をとってほしかった気が・・・。前作は孤独なブリジットが一生懸命やって全部裏目になってしまって、それがなんかすごい泣けてしまってけど、今回は、ストレートに笑える映画になっていた気がする。たぶん、独り者の不安と、幸せな不安の違いのせいかな?まあ、結末は何となくわかってしまってるから、安心して見ていられる事もあるんだろうし。ラストが相変わらずいい。それにしてもレニーゼルウィガー前回より太ったと言う話だけど、すごい肉着いていた。
見終わって、家に帰ると切なくなる。
★★★★☆

« 怪しいビデオで漢字の勉強 | トップページ | 直木賞と芥川賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646280

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ブリジットジョーンズの日記2:

« 怪しいビデオで漢字の勉強 | トップページ | 直木賞と芥川賞 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31