« 映画 サイドウェイ | トップページ | 映画 ブリジットジョーンズの日記2 »

2005年3月29日 (火)

怪しいビデオで漢字の勉強

昨日、会社でイヤな事あったし気晴らしに友達と「とっぴー」に行った。平日だと言うのに、満席に近かった。活ホタテ、イクラ、中トロ、ズワイガニ、ハマチ、ウニ、カンパチ、最後にパイナップル。高い寿司ばっかり食べた!イヤな事あった時は、食べるか寝るかに限る。その後、レンタルに付き合わされる。「告発」と言うDVDを探していたら、ドラマ棚に「インモラルなんとか」と言うDVDを発見。なんでこんなのあるんだろう・・・と話しながらパッケージを手にとったら、副題がついていた「陶酔」と書いてあった。なんて読むんだ?と言って「とうすい」だよと教えてあげたら、この前、アダルトビデオで「男女男(これで1文字)」と言うビデオがあった話になる。いたぶられ(だったかな)と読むらしい。ちなみに「女男女」でも同じらしい(笑)。そういえば、昔の成人映画もすごい難しい漢字が多かったような記憶が・・・。

« 映画 サイドウェイ | トップページ | 映画 ブリジットジョーンズの日記2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

嬲と嫐の読みは「なぶる」だよ。
って話を、私も誰かから教えてもらったんだけど 誰だっけ??

最近の映画は漢字使ったタイトル少ないね。
洋画の原題をそのままカタカナにするだけってことが多いからだろうけど。

ほんとだ、今調べてみたら、
なぶり【嬲り】
〔動詞「なぶる」の連用形から〕人をからかったり苦しめたりして喜ぶこと。
なぶり殺しのなぶりは、この字を使うらしい。ううう、勉強になる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50646279

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しいビデオで漢字の勉強:

« 映画 サイドウェイ | トップページ | 映画 ブリジットジョーンズの日記2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31